だいず、その後の様子

姫路本店I井です。
3か月前に植えた大豆の様子です。

豆を蒔いて一週間後、元気な芽が無事に出て安心していました。
そして、また一週間後に大豆の様子を見に行くと、出てきたはずの芽が
無くなっている!
しかも、ほとんどの芽の先っちょだけがきれいに無くなっていました。
よく見ると、地面に鹿の足跡が・・・。
見事に食べられてしまったようです。
美味しい部分だけを食べていかれた様子。
鹿たちはかわいい顔していますが、やることはなかなか大胆です。
一方、空からはカラスが狙っている・・・感じ。
大豆にとってはなかなかサバイバルな環境です。
大豆自体は残っていた芽が伸びていき、なんとか生き延びてくれました。

1_20170911131819996.jpg

今では芽の時期を乗り越えどんどん、大きくなっています。

2_201709111318227c2.jpg

このまま、鹿やカラスに負けずに育ってくれればと思います。
苦労してできた大豆は絶対においしいはずだと思い、
今はひたすら草刈りをしています。
改めて、食べ物をつくることは大変!です。

3_201709111318210e4.jpg

お手伝いで植えた隣の田んぼの稲もすくすく育っています。
もうすぐ収穫の時期です。秋が以前に増して楽しみになりました。

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: