FC2ブログ

絵画ミステリー

こんにちは、神戸支店のI上です。

先日、"絵画ミステリー"という書評を見て、絵画には疎いのですが、
ミステリーは好きなので、読んでみました。

『楽園のカンヴァス』という小説で、ミステリーとはいえ、
殺人事件が起こったり、有名な絵画が盗まれる、
といった事件が起こる訳ではありません。

スイスの、とある大富豪に、ニュヨークの美術館のキュレーターと、
日本の女性美術史研究家が招かれ、アンリ・ルソーが描いたとされる絵の真贋の鑑定を
依頼される、というお話しです。
その方法も、絵は最初に一度見るだけで、
後は、7章からなる一冊の古書を1日1章ずつ読み、
7日後、読み終わった時に真贋の判定をし、優れた判定をした方に、
その絵の権利を譲る、という奇妙なものでした。

美術や絵画には、ほとんど知識はありませんでしたが、
内容が面白かったので、あっという間に読んでしまいました。

キュレーターってどんな仕事?
アンリ・ルソーってどんな画家?
と、少しは絵画について調べてみるようになりました。
美術館に足を運ぶまでには、なりませんでしたが…

全く興味の無かった世界に、目を向けるきっかけになる物語でした。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: