FC2ブログ

江戸時代に思いを馳せて

こんにちは。神戸支店のI上です。

先日、新聞で、豊中の服部緑地に国内初の野外博物館がある、
という記事を目にしました。
"日本民家集落博物館"といって、展示されているのは、
日本各地から移築復元された古民家です。
昭和31年に岐阜・白川村のダム建設で水没する合掌造りの民家を、
関西電力が費用負担をして移築されたのが始まりで、
今は12棟の古民家が集まっている、という内容でした。

面白そうだったので、行ってみる事にしました。

入ってみると、博物館とはいえ、自然の中に古民家が点在している様子は、
日本昔ばなしの世界に入ったようです。

写真①

まずは、白川郷の合掌造りの古民家へ。
写真等で見た事はありますが、

実際に間近で見ると大きな屋根が特徴的で、迫力が有ります。

写真②

中では、お話し好きのボランティアの方が、色々と説明をして下さいます。
この古民家は江戸時代後期、約220~230年前の建築です。
当時では広い方だったらしく、20人くらいの大家族が暮らしていたそうです。
囲炉裏も、来客用と家族用に、2つ有ります。

写真③

しっかりとした梁も架かっています。

写真④

大きな屋根の小屋裏空間は、養蚕が主要産業だった事もあり、
蚕を育てるスペースとして使われていました。

構造的にも、梁には固定されておらず『やじろべえ』の様にバランスを取りながら、
1階に載っているだけだそうす。
"『やじろべえ』の様に"、とは言っても、この巨大なやじろべえを、
何百年もバランスを崩さずに保たせるのは、すごい技術だと思います。

また、柱の足元も固定されておらず、
この構造で、阪神大震災や、今年の大阪北部地震、数多く来た台風等でも、
ほとんど被害は無かったそうです。
耐震性・耐風性にも優れています。

他にも、雨が多い峡谷である奈良・十津川の民家は、
特産の吉野杉の板で屋根を葺き、

写真⑤

軒先と妻壁は吹き上げる風雨から守る様に吉野杉の板を張り巡らせています。

写真⑥

『すばるの吹き下ろし』というらしいです。
語源は、定かではありません…

馬の産地として栄えた岩手県の旧南部藩の農家では、
母屋に馬小屋をカギ型に繋いだ『曲家(まがりや)』と呼ばれる民家が。

写真⑦

家に居ながらにして馬の様子を見る事が出来、囲炉裏の暖気も馬小屋へ流れます。
まさに人馬一体です…

長野県と新潟県の県境の信濃秋山の民家。
日本有数の豪雪地帯では、『茅壁(かやかべ)』と言って、
外壁も茅葺きです。

写真⑧

茅は暖かく、防水性も有り、気候に合っていたようです。
また、家の中も『土座(どざ)』と言って、床を貼らず、
土間に直接ムシロ等を敷いて生活していました。

写真⑨

囲炉裏も土間に直接造るので、土間が暖まって、暖が取れたようです。
床暖房のはしり…?

こんな感じで、各地の様々な古民家を見る事が出来ます。
どれも、今から200年~400年前の江戸時代に建てられたものですが、
それぞれの古民家が地域の暮らしや気候に合わせて、
良く考え、工夫して造られています。
そして、これだけの時を超えて、当時の姿のまま建っている事に感心させられます。

『逆に、今、建てている住宅は、200年後の人びとには、
どのように見えるのだろうか…』とか、
『これだけの技術の詰まった住宅が、
現代の人びとに、どれくらい知られているのだろうか…
これを、博物館だけでなく、住宅公園みたいにすれば、
もっと広く知られるようになるかな。』
などと、考えながら出口へ。

で、出口で、ふと見ると、
『古民家の維持・保全の為に募金にご協力をお願いします!』
という文字とともに、手作り感満載の募金箱が…

『……確かに、いつの時代も、先立つ物は要るな…』と、妙に納得、
心ばかりのご協力をさせて頂いて、帰路につきました…
スポンサーサイト

音楽ってすばらしい。

気付けば外の空気がすっかり冬になってきましたね!
先日、風邪を引きまして、初めて舌根扁桃というところが腫れて、
辛い思いをしました。神戸支店のSです( ̄▽ ̄;)

最近は特にどこかへ出かけるでもなく、
何を書こうかな~と考えていたのですが、
出かけない理由のひとつでも書こうかなと思います(笑)

私、小学生のときにBUMP OF CHICKENにハマりまして。。
それまでは宇多田ヒカルとか倉木麻衣とか聴いていたんですが、
バンド音楽の格好良さに目覚め、ギターを始め…(^ω^ )
中学生のときはポロンポロンとたまに遊ぶ程度でギターをさわり、
高校生のときは部活動と並行してバンド活動をし、
大学生のときに少し疎遠になっていたのですが、
去年あたりから本格的に音楽の世界に戻りました(笑)

そんなこんなで、平日も休日も、だいたい音楽のことを
考えたり練習したり、ライブしたりしているので
どこかへ出かける回数が減っている今日この頃です(´・∀・`)ハハッ

つい先日は、本格的にバンド活動を始めてから
1年が経ったので、自分たちで企画ライブもやりました☆
(人生でいちばん、たくさんの方々に見ていただいたライブだったので、
とっっっっっても緊張しました!!!)

1_201811221103557ad.jpg

2_20181122110356ae8.jpg

3_2018112211035865b.jpg

いつもはライブハウスに生息していますが、
今週25日の日曜日には神戸ハーバーランドで
先輩バンドさんに混じってストリートライブをする予定で、
音楽で本当にいろいろなことに挑戦させていただいています(*´▽`*)

バンド活動を通じてたくさんの方々と出会い、
たくさんの方々に何かしらを感じてもらう機会があり、
音楽は本当に素敵なツールだなぁと思っています(* `・ω・´ *)

皆さんは「〇〇のおかげで人生が変わった」というような
経験はありますか?(。・ω・。)
そんな出来事を大切に大切にしながら、
心の豊かな生活を送りたい、神戸支店のSでした!

グリーンカーテンⅡ

神戸支店のNです

西陽対策でリビングの窓にゴーヤ、朝顔に加えて今年はヘチマを植えてグリーンカーテン
として活躍してくれました・・・

1_20181114180006eb2.jpg

今年は酷暑過ぎてゴーヤ、ヘチマが実らなかったな・・・って思っていたら変な形をした
ヘチマ!(◎_◎;)

2_20181114180007f4f.jpg

収穫!

3_20181114180008d90.jpg

4_20181114180010829.jpg

5_20181114180011e44.jpg

雨戸に入り込んでペッタンコに育ちました
来年は何の形に育てよっかな!?

異文化

加古川支店 O

関空から数時間後、南の島へ到着。
一応、建築業の端くれ者、
リゾートホテル建設現場へ案内してもらった。

バカンスなのか、研修なのか分からないが・・・

(以外、道路は舗装されているやん)・・・と思うのも束の間
デコボコ道へ変わる。途中、垂直堀の山際の道を進みますと・・・
南の海原を眺める景勝地に現場がありました。

(あれでもつのか・・・? ほっそいなあ~)
階高が高い割に、ピラーがとてもスマート。
案内人も『怖いですね~』と話しかけてくる。
(やっぱり・・・。)
 資材はと言うと、丸鋼のほっそい物ばかり。
異型の鉄筋なんかあるわけもなく・・・。

『工事期間どれぐらい経つんですか?』
『もうすぐ10年かな。』
( えっ、マジで! )心に声を置く。
当然、躯体検査なんてものもなく、だれが監督さんなのか、
職人さんなのか・・・見分けがつきづらい。
大型物件なのにやけに静。ほとんどが手作業なので白波の音に
かき消され、長閑なもんです。
(これが、異文化ってやつか・・・。)

数日後、朝方ホテルの廊下から歌っているのか・唱えているのか?
男性声が清らかに流れてくる。
そう、ラマダンの始まりなのである。
(これが、異文化ってやつか・・・。)

つづきは、御縁があるときに・・・。

やぶらぶマラソン参加

豊岡のH本です。

いろいろなマラソン大会に参加していますが、但馬地方で実施されるマラソン大会は、
全体的にキツイ大会が多いです。
何がキツイかというと、坂道を多く走らせる大会が多い。
みかた残酷マラソン、香住マラソンもそうですが、少々マイナーながら、
このやぶらぶマラソンも坂道マラソンです。
参加者は結構少なくて比較的走りやすい大会です。
開催日は舞鶴マラソンとダブっているので、近畿地方の愛好者はそちらに行っている
のでしょうかね。

01_20181112172835611.jpg


やぶらぶマラソン、坂道は結構多いです。最初は約2km下りが続きます。
で、帰りは最初の下り坂を登ることになります。これが辛い。
又、ハーフ折返しまでも坂道、途中で又坂道を登るので、これも辛いです。

まず、開会式、この会場は養父市のドーム運動場なんですが、山の上にあります。

02_20181112172836804.jpg

ここで開会式を行ったあとに、ハーフのスタートです。

03_201811121728385f3.jpg

選手の集合控えには養父市のキャラ、「やっぷー」も来ています。

04_20181112172839e17.jpg

ここの途中のコースは川沿いに桜が植えてあります。
桜の時期にはものすごく良い景色になります。

05_201811121728419f4.jpg

そして最後の坂道に登ります。

06_20181112172855e4a.jpg

07_20181112172858306.jpg

およそ2km登ってゴールです。
気候もよく普段の散歩であれば心地よいのでしょうが、走って登るには辛い道のりです。

ピノキオ

こんにちは!
神戸支店のIです。


三宮駅から神戸支店へ通勤する道には、いろんな街路樹や
花が植えられていて、時々、花は植え替えられていて歩いていて
色んな発見があります。

その中でも、ここは額縁もあってとても素敵です!!
神戸国際会館前の交差点です。

画像1

額縁の中は、今、「ピノキオ」になっていて、
見るたびに、楽しい気分になります。

画像2

神戸支店にご来店の際には是非ご覧ください(^_-)-☆

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: