FC2ブログ

講習会

8月27日、兵庫県立但馬長寿の郷にて
「改正建築基準法 説明会」が実施されました。

当日は約70人程度の参加者があり、大変感謝申し上げるとともに、プロジェクターの色が
おかしくなったりしたなどの不手際があった事をお詫び申し上げます。

尚、今回の講習は建築士会の講習会でしたが、微力ではございますが、今後もこのような
機会には積極的に講師などを受けさせて頂きますので、ご依頼ください。

又、来年に建築基準法が改正される部分が多く、具体的な内容は今後発表されることになる
部分が多くございます。
改めまして講習会などを開催させて頂く機会があれば、積極的に実施させていただきます
ので、今後共よろしくお願いいたします。

IMGP3307.jpg

IMGP3312.jpg

IMGP3319.jpg
スポンサーサイト

ばっとう

姫路I井です。
先日、知人の材木屋の方が山で伐倒をするということで私もお手伝いをしてきました。
伐倒?とは立ち木を倒すことですが、使う道具はよくホラー映画で出てくるチェンソー
です。使い方さえ間違えなければ安全な道具です。

1_20180816140933a8d.jpg

チェンソーを使うことは初めてだったのでレクチャーしてもらい、早速ヒノキ林へ!
かつて、戦後の頃は将来のために多くの山で植林が行われ、材木を増やしていく動きが
あったそうです。今では山の手入れをする人達も少なくなり、ほったらかしの針葉樹林の
山が多くなり、広葉樹に比べ地中の保水力の少ない針葉樹は今回の災害のような山崩れの
原因になっていることもあるそうです。

2_20180816140934018.jpg

私が入った山も同じく、目の前にある木々は手入れをされることなく育った状態で材木
としての価値はゼロだそうです。
このままではさらに荒れていくので木を間引き、光を通してあげると新しい芽が育ってく
そうです。

3_20180816140935015.jpg

いきなり伐倒は危険なので私は伐倒された木を小間切りにしていく作業をしていきました。

4_20180816140937022.jpg

林業の方々は伐倒をするとき、「木を倒すでー!」とは言わず「木を寝かすでー!」と
言います。これは伐倒する木々も同じ生き物であるという気持ちを持っているからだそう
です。普段生活している家の木もこうやって山からやってきているのだなと改めて実感
しました。

5_20180816140939bdf.jpg

木を一本倒すことでもなかなか奥が深いなーと思いつつ黙々と切っていきました。
切り出した丸太は冬の薪ストーブの薪へとどんどんカタチが変わっていくのでした。

睡蓮鉢 始めました!

暑い日が続き 休日はお昼から 居酒屋に行って
麦茶(アルコール入り)を飲んでしまう 元祖管理人KY です。

金魚を飼い始めて 早2カ月!
毎日元気に泳ぐ金魚に癒されています。

金魚について色々と調べてみると
『金魚は 上から観賞するもの!』
という言葉が良く出てきます。

そこでまた思いついてしまったのです。
『外で違う金魚を飼おう!』

まず、直径50cmの睡蓮鉢を用意!

01_201808081624558b4.jpg

素焼きの植木鉢に底網を引いて

02_20180808162457de0.jpg

03_2018080816245854c.jpg

砂利を敷きます

04_20180808162500b9e.jpg

その上に 水生植物用の土を敷いて

05_201808081625018ee.jpg

そして 固形肥料をパラパラと

06_20180808162523b96.jpg

飼ってきた 睡蓮を鉢に植え替えて 睡蓮鉢へ

07_20180808162525170.jpg

同じ様に 種類の違う植物も 睡蓮鉢へ

08_201808081625263f7.jpg

最後に水を張って ホテイアオイを浮かべる!
背の高い植物も入れる予定でしたが
良いものが見つからず とりあえずの完成!

09_20180808162527a83.jpg

これを二週間放置してバクテリアを繁殖させます!

二週間後にこの空いた隙間に 金魚とM部長からもらったアヒルが泳ぐ!
予定!?

10_20180808162529c06.jpg

ご挨拶

初めまして、神戸支店のTです(^ω^)
7月半ばから入社させていただきました。
初めての事務のお仕事・・・迷惑をおかけしてしまっていますが、神戸支店の皆さんの
温かさに触れながら日々奮闘中です!
至らぬ点も沢山あると思いますが、よろしくお願いします(._.)


私事ですが、少しだけ自己紹介させていただきます!
地元は岡山です。田舎から出てきたので新しい発見もいろいろあって戸惑いながらも
楽しんでいます|:3ミ
小学生のころからバレーボールをしていたのでスポーツ(特に球技)が好きです!
社会人になってからなかなかする機会がないのでテレビ観戦をしたりしなかったり
しています\( ‘ω’)/

暑い日が続きますが水分を取りながら頑張ります~!

トトロっておもしろい

「つ」です。

私の小さな恋人の甥っ子ちゃんは、ただいま「となりのトトロ」におおはまりです。
一度見始めるとエンドレストトロです。

一緒に見ていると、幼い頃とはまた違った視点から楽しめ、新たな発見がたくさん
あります。何度も繰り返し上映なので、メインではない画面の端の方をじっくり見たり、
エンドレストトロのおかげで何倍にも楽しめています。

そして、甥は日常のふとした瞬間に、「トトロごっご」を始めます。
2歳児の記憶はすばらしく、セリフや動作を細かいところまで覚えています。
どうやらお気に入りは、寛太君がさつき達に傘を貸してあげるところと、めいちゃんが
トトロの説明をしているところのよう。表情豊かに演じてくれます。これがとぉぉぉぉっ
てもかわいくて日々の癒しとなっています。一緒に見ている大人たちは、ラストシーンで
おばあちゃんがめいちゃんに抱きつくところで亡くなった曾祖母を思い出し号泣。

何度も見返すのもおもしろいものです。
さて、次は何にはまってくれるか楽しみです。

初めまして!

皆さん初めまして☺
2018年1月より入社致しました、瑕疵保険担当のA石と申します。
この辺りではあまり見かけない苗字に「姫路に住んでるのにA石さん!
(子午線のある、あそこですよあそこ笑)」とよく言われます。

こちらでお世話になる前は
営業、会計事務所、システム設計、、、と
まったく畑違いのところで働いておりましたので
建築業界についてはドがつくほどの素人です。
まだまだ未熟で皆様にはご迷惑をおかけするかと思いますが、
何卒ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします(*^^*)

世間は夏休みですね。
かくゆう私も3人の子供の母親をしておりますので
休みの日はやれプールだ、やれ夏休みの宿題だと
職場を離れてもなお右往左往しております。
8月に入りますます暑い日が続いておりますが
皆様お体には十分お気をつけてご自愛くださいませ。

学生時代を取り戻しに

 事務のM田です。
 毎年本屋さんでは、夏の時期に文庫本特集のコーナーが作られます。今年も例年通りに
そういったコーナーが各書店に設けられ、私も表紙につられて購入する、所謂ジャケ買い
というのをやっています。
 有名ブランドとのコラボカバーですとか、購入すると可愛い栞が貰えるとかにつられて、
私も毎年何かしらの本を購入しています。去年と同じ文庫を購入することもあります。
一年の間に同じ本を繰り返し読むことでカバーがモロモロになって来たり(かなりの
汗っかき)、あるいは本に直接書き込んだり、何度も開くうちにページが抜け落ちたりする
ので、一年スパンで本屋さんがそういったコーナーを作ってくれるのは、同じ本を好んで
読む私にとって、買い直す良い機会なのです。
高校大学は外国語学部に在籍し、日本語の本を読む機会がなく、一般的な学生さんと
比べても、著名な作家さん(所謂文豪と呼ばれる方々)の著作には殆ど触れられずじまい
でした。まあ、そんな言い訳を繰り返すうちに、頭の中で例えば中島敦(代表作に
『山月記』。明治生まれ)が、如何してくれようかと責めて来るわけです。
氏が『泉鏡花氏の文章』にて記した「女学生で今更(泉)鏡花の作品なぞを読んでいる人は
殆どないだろうと思われる。(中略)しかし私がここで大威張りで言いたいのは、日本人に
生れながら、あるいは日本語を解しながら、鏡花の作品を読まないのは、日本人の特権を
抛棄しているようなもの(意訳)」とあり、『山月記』は皆さん、学生の時分に教科書で
読まれたと思うのですが、私は泉鏡花(代表作に『荒野聖』。明治生まれ)に関しては一切
読んだことがなかったのです。
氏の随筆で名前を知ったようなレベルで、大人になるまで、著名な方の本をまともに読んで
来なかったのは如何なものかと思い……。
そういう訳で大学を卒業して、仕事にある程度慣れた頃の年から、夏の休みの日は、自宅に
引きこもって本を読んでいます。今年は特に酷暑で、何にしても外出は出来ませんし(車を
持っていないので毎日の出勤は命懸けです。今年は既に熱中症で一度点滴を受けました)。
今年も取り敢えずまんまとキャンペーンに乗せられて、太宰治の『津軽』と、田辺聖子の
『おちくぼ姫』を買って来ました、昨日。積ん読にならないよう、頑張りたいと思います。

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: