FC2ブログ

「新しい癒し系、あらわる。」

お久しぶりの登場です!
神戸支店のSです!(/・ω・)/

先日、友人(男子)に「私は今、癒しを求めてるんや!」と言ったところ、
「アロマでも焚いとけや!」と言われました…!!
厳しいぃッッッ!!!!_(:3 )∠)_

そんな私の最近の癒しとなったのは、
うさまるではなく“フクロウ”です(*’ω’*)
ずっと行ってみたかったフクロウカフェに、
友人とふらっと行ってきました☆

その日は現在地から近かったので、
神戸・北野にある『ビビ&ジョージ』さんという
フクロウカフェにお邪魔しましたよ!(‘ω’)

ドキドキしながら店内入口を開けると、
まだお金も払っていないのにすぐそこにフクロウが!(笑)
店内の至るところに、いろんな種類のフクロウがいます♪
そして料金もとってもリーズナブルで、
1時間1ドリンク付き&写真撮影・タッチOKで
なんと¥1,500なので驚きです…!!Σ(゚Д゚)

じゅんちゃん

まず最初に出迎えてくれたのは、
じゅんちゃんというフクロウでした!(*´ω`*)
まだヒナだそうで、たくさん鳴いたり、
体をきゅっと縮めたりしているのをよく見かけました(;´∀`)
びっくりさせてごめんね~;;

みかんちゃん

手のひらに載せられるぐらいのサイズの
小さなフクロウがたくさんいるカフェで、
こちらもびびることなく触れ合うことができました(‘◇’)

おーちゃん

うねちゃん

もちろん、カフェには大型のフクロウもいます!

さくらちゃん

さくらちゃんは室内で飛んでいるのを見ましたが、
羽ばたいたときの風圧がすごくて
思わず「うわっ!」と声を上げてしまいました(笑)

こゆきちゃん

こゆきちゃんはハリーポッターでお馴染みの
あのフクロウです◎*゚
オスだと羽が真っ白らしいのですが、
こゆきちゃんはメスなので黒い模様が混ざっています(∩´∀`)∩

ところで、フクロウとミミズクの違いですが、
呼び分けているのは日本だからだそうで、
英語ではすべてフクロウとして呼ぶそうです。
ミミズクは耳や眉毛に見える“羽角”がついています。
羽角は本当に飾りの羽みたいなものでした(‘ω’)フワフワ

ちなみに私はミミズク派です!(笑)
おーちゃんも穏やかで人懐っこくて可愛かったのですが、
カフェの中で特にお気に入りになったのが
じゅりちゃんというアフリカオオコノハズクでした(*^▽^*)
最初に紹介したヒナ、じゅんちゃんの
大人になった姿がじゅりちゃんです( ^ω^ )
くちばしまわりのヒゲがたまらん可愛いです…!!
(現在、私のスマホの待ち受けになっていますw)

じゅりちゃん

まさか人生の中でフクロウと触れ合って、
癒される日が来るとは思いもしませんでしたが
フクロウカフェは本当におすすめです!\(^O^)/

みなさんも神戸へお越しの際はぜひ~!!
スポンサーサイト

箱根へ行ってきました

神戸支店K

第○○回 東京箱根間往復大学駅伝競走
復路6区芦ノ湖スタート地点、まもなく往路優勝○○大学 → スタートです。

写真1-1

写真1-2

写真1-3

国道一号線東海道に出ました。これから小田原中継所に向かって山を下ってまいります。

写真2

若干のぼりが続いた後874m芦の湯箱根最高点に達します。ここから一気に標高差864mを下っていきます。

写真3

箱根登山鉄道小涌谷踏み切りはランナー優先ですが、今日は電車優先。

写真4-1

写真4-2

宮下富士屋ホテルは耐震改修のため工事中

写真5

宮下温泉郷を超え、

写真6-1

写真6-2

大平台ヘヤピーンカーブに差し掛かりました。なっ、なんとここで、繰上げ一斉スタートを切りました兵庫確認検査機構のKがトップで飛び込んできました。予想外でしたね、瀬古さん。

塔ノ沢温泉の入り口早川に架かるRCアーチ型の千歳橋(昭和5年竣工)を駆け抜け、

写真8

「函嶺洞門バイパス」の開通に伴い通行禁止となった函嶺洞門。RC造のロックシェッドで完成から80年以上経過し老朽化のため使用禁止となりました。千歳橋とともに、土木学会から関東の土木遺産に認定されています。

写真9

写真10

箱根湯本駅前を過ぎるとまもなく小田原中継所です。駅前通はにぎやかで外国観光客も多く見られました。写真は箱根まんじゅう、1個70円。

写真11

写真12-1

写真12-2

写真12-3

箱根仙石原のすすき草原、新緑が鮮やかです。

写真21

H27年6月噴火警戒レベル3まで引き上げられ立ち入り禁止となった大涌谷、黒卵が有名。

写真22

なんとか富士山が見えました、レトロ調でご覧ください。

写真23

写真24

昼過ぎに箱根を出発、帰路に着きます、鈴鹿峠近くで日没。
十分リフレッシュ出来た旅行でした。

写真25

夏休みはお宝と恐竜探しに赤穂に家族ずれでイラッシャイ

本社街歩き人

この夏の海水浴は赤穂御崎で遠い昔のロマンにしたってみては

赤穂層

産業技術総合研究所の調査結果が報告されました、何と日本で二番目の大きさのカル
デラが見つかりました、阿蘇より古い8300万年前の後期白亜紀に形成された陥没部分
に出来た。赤穂コールドロン、は皆さんがお見えになるのを待っている。
昔赤穂は陸の孤島と呼ばれていました、今JR赤穂駅の裏側を囲む山は外輪山、西は
日生の鹿居や頭島に繋がり御崎で海に落ち家島に繋がる。

鉱床位置図

長年にわたり地盤沈下が現在の赤穂の出生、以前地盤調査で杭打ち基礎を計画した時
N値50の地盤でくい打ち地盤でも地盤沈下が生じる特殊な地盤である赤穂地盤は此
のことでしたか(納得)。
日生の海鮮売り場の近くの資料館で陳列本に、漁師が朝洗面所のまえが海に落ち込ん
でいた。という民話があつたの思い出しました、何千年も前の話ではないと思います。
御崎のライオン岩を見ていますと、今に沈下していると錯覚します。駅裏に連なる山
は、金銀財宝が今も眠る、カルデラの周りには鉱山現れる、いま山歩きして避難地に
ボランチアに出かけてみてください。
追記 赤穂海浜公園で9月いっぱいコウルドを展覧しています

岩類分布概略図

なお 同断層帯【日本列島が大陸と繋がり恐竜が陸続きの赤穂断】、山崎断層構成する
暮坂断層、や熊本地震の被害をパネルで解説、展示しています。9月2日までAM九時
からPM4時 火曜日休館日です

8月11日(土曜)人と自然の博物館主任研究員の加藤茂弘氏による展示解説が午後1
時半と3時にあります、興味のあるひとは、ぜひ赤穂海浜公園に足を延ばしてみてく
ださい

カルトナージュねた(その2)

姫路本店N井です。
4月から通っている趣味のカルトナージュ教室。月一回だけ開かれる教室なので、
の~んびりペースで創作を続けています。

フランス生まれの伝統工芸であるカルトナージュは、基本的に厚紙と布地で出来て
おり、シンプルながらも、選ぶ布地とその組み合わせ次第で色んな表情が楽しめる
のも魅力の一つです。

こちらは手芸屋さんで見つけて一目惚れしたパイナップル柄の布地♪
同系色の紺色ストライプの柄布と渋いカーキ色の布を組み合わせることにしました。

写真①

まずは型紙通りに厚紙をカットし、箱を組み立てたら外側に布を貼ります。

写真②

写真③

箱の底と内側にも布を貼り、別に作っておいた蓋を合体させると、ブックスタイルの
箱の完成です!

写真④

写真⑤

閉じたときにパイナップル模様がいい感じに見えて、ご満悦~(*゚∀゚*)
ちなみに大きさはハガキがすっぽり入るサイズ。布がまだ残っているので、同じもの
を複数作ったり、サイズ違いで作っても楽しそうです。

教室では各自が好きなものを自由に作れるのですが、次に挑戦しようと思っている
のは、がま口ボックスです。写真は先生のブログからお借りしました。

写真⑥

写真⑦

なんちゅう可愛さ~(≧∀≦)♪先生の色のセンス、写真のセンスも素敵です~!

さて、どんな布地を組み合わせましょうか。金と銀のがま口金具が一つずつあるので、
色違いのお揃いにしようかしら~それとも全く違うタイプのボックスにしようかしら
等々、作る楽しみ&使う楽しみに加えて、妄想する楽しみもあるのです~(#^^#)

気に学べ

こんにちは、神戸支店のI上です。

先日、本棚の整理をしていたら、かなり古い本が何冊か出て来ました。。。

その中に"木に学べ"という、宮大工の西岡常一さんが書かれた本が有りました。
おそらく、20年近く前に手にしたと思うのですが、
お恥ずかしながら内容をほとんど憶えてなかったので、
再度読んでみる事にしました。

宮大工の生活や、心構え、寺社建築についての思い等、
様々な内容が書かれていました。

中でも印象的なのは、木への思い、こだわりです。
その思いが色々な言葉になって出て来ます。

"木を知るには土を知れ"
"木を買わずに、山を買え"
木には、一本、一本、クセが有り、それは育った環境で決まってしまう。
木を見るのは、伐採されてからではなく、
立っているうちに見ないと、クセが分からない。
実際に山へ行って、伐採前の木を見られていたそうです。

"堂塔の木組みは寸法で組まずに木のクセで組め"
"棟梁は、木のクセを見抜いて、それを適材適所に使う"
そうやって、自分の目で見て、クセを掴んだ木を、
そのクセが最大限に活かせる場所に使って組んで行く。
それでこそ、丈夫で長持ちする建物が建てられる。

"木を組むには人の心を組め"
"工人の心組は工人への思いやり"
しかし、建物を建てるのに、棟梁一人では建てられない。
色々な職方さんが気持ちを一つにしないと、建てられない。
その心をまとめていくのが、棟梁の役目であり、
相手への思いやりが無いと、職方さんは集まってくれない。

さすがに、一つの事を極められた方の言葉は、深いものが有りました。
宮大工の世界だけではなく、他の世界にも通じる内容でもあるし、
自分の生活にも参考にしていければ良いな、と思いました。

結構、心に残ったので、
今度は何年経ってもこの本の内容は忘れない。。と思います。。。

連休

加古川支店Fです。

3連休を利用して大阪に遊びに行ってきました。

初日。お昼に梅田で待ち合わせ。
ヨドバシカメラに行きキッチン用品やアウトドア用品を見ました。
夜は心斎橋で食事をしました。

1日目。レストラン 風景

1日目。食事。

写真はレストランの窓から見える景色です。
食事ももちろん美味しかったのですが、注目してほしいのが食事の下に敷いてある
大阪観光マップです。
このマップを見ながら、「ここも行ったことあるやんなあ」等と話すことがとても
楽しかったです。

2日目。食事

2日目。朝ごはんに豚汁、おにぎり、卵焼きを作りました。お昼には近くのカフェに行き、
のんびりと過ごしました。
夜ごはんは、スーパーで買った肉を焼き、晩酌しました。

最終日。朝ごはんにフレンチトーストを焼きました。
お昼ご飯は昨日作った豚汁とご飯等を食べました。そしてDVDを見ました。

夜に我が家に帰ってきました。

平凡な日常ですが私にとって幸せな3連休となりました。
また、こんな日々が来るかはわかりませんが安らぐとはこのような事をいうのだと
思いました。

コケテラリウム

加古川支店のK〇です。

先日、子供と一緒にテレビを見ていると 苔を瓶などに入れて鑑賞する

『コケテラリウム』を特集していました。

それを見て子供が「作ってみたい!」と言うので早速次の日に苔を取りにいきました。

どこにあるかなぁと探してみると 家の陰や側溝など、結構いろんなところにあるもの
ですね

でもちょっと気持ち悪いので 山に入り きれいな所に生息している苔を取ってきて
作りました。

ちょうど金魚が成仏したところなので その水槽を使って・・・

IMG_2803.jpg

IMG_2808.jpg

IMG_2810.jpg

適当に詰め込んだだけですが それなりに見えます、かね?

和歌山旅行

加古川支店Fです。

先日、和歌山旅行に行ってきました。

初日はポルトヨーロッパに行き、2日目は加太にある淡島神社と大阪・新世界に行きました。

ポルトヨーロッパ2

淡島神社入口

加太に行くまでは「めでたいでんしゃ」に乗りました。

めでたいでんしゃ 外観

めでたいでんしゃ

加太駅

新世界ではミックスジュース発祥の喫茶店に行きました。

ジュース

和歌山ラーメンを食べました。
有名店みたいで店内満席でした。
美味しかったです。

和歌山ラーメン

大変幸せな旅行となりました。

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: