美味しいオレンジ色

寒い日が続きますね。姫路本店N井です。

金柑(きんかん)です。

写真①

昨日帰宅すると、両親が庭で金柑の実を収穫したらしく
大量の金柑がバケツ4、5杯分!まだ緑のもありますが、
あく抜きのため水に浸けているところです。

写真②

これを大量の氷砂糖と酢で煮込み、金柑のシロップ漬けを
作るのが年中行事になっています。

もちろん生でも食べます。皮ごと食べられる、というより
皮が美味しいのですよね。少し苦味もありつつ甘い皮を、
中の酸っぱい果汁ごとモリモリ食べます。あ、種は出した
方がいいです。
体質によりますが、食べすぎると口の周りがピリピリする
のが難点。でも美味しいので、お昼の弁当のデザートにも。

写真③

昔から喉に良い効能が知られており、金柑エキスを配合した
のど飴やホットドリンクなどもよく見かけますね。姫路本店
にものど飴を置いてますよ。ぜひどうぞ(^-^)

写真④



金柑以外にも我が家の庭には柑橘系の木が多く、旬の時期を
ずらしつつ晩秋から春にかけて様々な果実が収穫できます。

温州みかん、伊予柑、ポンカン、デコポン、はっさく、
夏みかん、金柑、柚子、レモン、ネーブルオレンジ、
スプリングスイート、清見オレンジ・・・他にもあったかも?

それほど広くはない庭のどこにそんなにあるのか、謎です。
父母よ、ちょっと多すぎやしませんか(@_@;)

この冬はうっかり酷い風邪を引いてしまったので、今から
でも柑橘類をたくさん食べてビタミンCを摂取しなくては!
と思っているところです。インフルエンザも流行中ですので
皆様も健康にはお気をつけください。
スポンサーサイト

とあるお祭り

本店K田です。

2018年になりました。本年もよろしくお願いします。
年末の休みに入ってから昼夜逆転生活を謳歌して何もネタが無いので、
2017年11月にさかのぼります。

11月某日、茨城県のとある町のあんこう祭というお祭りに行ってきました。
とある理由からここ数年はこのお祭りに10万人以上の人が訪れています。
私が行った日も約13万人来ていたそうです。
ここは町内の一部が歩行者天国になるので、どこも黒山の人だかり・・・。
とある車の展示や食べ歩きを楽しみながら町中を歩き回ります。

あんこうでは、魚のアンコウの吊るし切りを見ることができます。
今年はとある理由からイベントに来ていた蝶野正洋さんが
突然ステージに上がってアンコウと自撮りをしていました。

そして捌かれたあとのアンコウがこちらです!

写真①

残念ながら今回は食べることができなかったのですが、
冬の間はアンコウ鍋やアンコウの唐揚げがこの土地の名物です。

1泊2日の旅行で行き帰りは飛行機を利用したのですが、
茨城空港から飛行機に乗り込むときの階段(?)には
とある理由からかわいいラッピングがしてありました^^

写真②

2017年は3回この場所に行けたので、
2018年も何度か行こうと計画中です。

とりあえす めでたい!!!

この間までお正月だったのにもう1月も中旬が過ぎていきました。
お寒い毎日 如何お過ごしでしょうか?
どうも 元祖管理人KY です!
とりあえず 1月中にめでたい画像をUPしておきます!

ミニカーを集め出していつの間にか20年近くも経っていました。
何かめでたいミニカーは無いものかと探していたら
こんなミニカーが出てきました。

ありがたい 紅白トミカ
車種は 『ダイハツ ミゼット』 三輪の可愛い奴です!
横には『勝利』の文字が書かれていて 大変めでたいものです!

1_20180119132851959.jpg

これに気を良くし
「さすがに 招き猫のミニカーは無いよなぁ‥?」
と 探してみると オークションで発見!!!

いやぁ 日本のミニカーは奥が深い!((笑)

同じく トミカ!
車種は 『三菱 三菱 i-miev』 という電気自動車!
横には『幸福』の文字 超感動!!!

2_20180119132852199.jpg

そしてこのミニカーには 紅白以外に
厄除けになると言われる 黒招き猫 バージョンも存在します。

3_2018011913285318a.jpg

今年はこれらのミニカーをきちんと並べ
勝ち運を呼び込み 幸福も呼び込み 厄を払い
穏やかに暮らしたいものです!!!

23年前の1月17日は…

本店 T次 です。
23年前の今日は、私は小学校低学年でした。
家族で川の字になって眠っていた時にゆれがやってきました。
覚えているのは、父が覆いかぶさっていてくれた事と
床の間に飾っていた人形がガタガタ揺れていた事
そして、テレビに映った横倒しになった高速道路の映像と延焼していく様子。
震源地に比べると震度は弱かったものの、今でも少しのゆれで怖くなってしまいます。
学生時代を神戸で過ごしたのですが、神戸出身の友人に話しを聞くと
「食器が全部割れて、お年玉がなくなった」や「毎日水をもらいに行ったよ」などの
実体験を聞くことができました。お世話になった方が、ニュースでもよく取り上げられて
いたバスに乗っていたことが判明したりと、ぐっと身近な問題に感じられました。
神戸の方は、「震災前はもっとにぎやかだった」とお話ししてくださいます。
私からすれば、今でもにぎやかだなぁと感じますが、一体どんな街だったのかなぁと
思い巡らす日々です。
あたりまえの生活に感謝し、震災の教訓を思い起こしながら、非常用袋の点検をしたいと
思います。

年末年始

姫路本店 S野です。

成人式も終わった所ですが、、
年末年始の出来事を。。。

外回りの草むしりと窓・照明の拭き掃除もそこそこに、、
年末はおせち料理を作るという大仕事があります。

主人が『一番のご馳走』という料理、、何としてもと作り上げたいという事で
2日前から準備を始めます。

買って食べるのも素敵ですが、
作ると自分たちの好きな具材で出来るので美味しくいただけます。
本当に手間のかかる黒豆と栗きんとんだけ、買った物をそのまま使います。

そして31日、朝から始め夕方まで時間を費やし完成 (^■^)ノ
元日の晴れの日を待ちます。。

---------------

元日は朝から、
サッカー初蹴り&凧あげを!!

C360_2018-01-01-09-23-13-754.jpg

親子そろって、汗だくになるくらい走り回っていました。
本当にのほほーーんとした姿に大笑いし、久しぶりに笑い涙しました(>▽<


そして運動の後の、おせち料理!!

IMG_20180101_115742_949.jpg

「やったー」「すごいー!!」と誉められると、頑張りがいがあります。
我が家は3日間、このおせち料理(減ったら足していきます)と御雑煮で過ごします。


のんびり食事をし、私が、

「お正月には凧あげてー、テレビを観ーて、のんびりよーー」と歌うと、、

「何でよー違う!違うよーー!!」と子どものツッコミが(0□0 !!!


「お正月には凧あげてー、おせちを食べてー、フフフンフン♪」とめげずに歌うと、、

「そうそう!!って違うよーー!!」とまたしてもツッコミをいただきました(☆□☆ !!!




平和な年始に幸せが詰まっていました^^

備中松山城と吹屋の街歩き

本社街歩き人

引き続き高梁川の上流に足を踏み入れる、高梁市
備中松山城は中腹までタクシーで、登城は徒歩で15分程の道程、日本一高い山城、
朝方は雲海に浮かぶ、風雨に耐え、岩山に建つ。

1-1松山城看板1

1-2雲海の城

1-3備中松山城

城内架講は手斧で殴り仕上げ、武骨で優雅、素朴質素まさに戦国の山城

2-1城内架構

2-2城内架構

2-3城内

高梁川を渡り県道43号、ふるさと農道より吹屋に入る、和の味の宿ラフォーレ吹屋で昼食
をとる、旧吹屋小学校で県指定需要文化財解体復旧工事があり現場見学をする。別紙の通り現場代理人の案内をうける、
今より118年前の一人技術者の設計による建物を保存する難工事、土台を敷石の頭に揃えるのに手斧の殴り仕上げを施す

3-1吹屋町並み

3-2昼飯メニュー

ラフォーレ旧吹屋中学校にて

3-3土台普及

下端殴り仕上げ

3-4取り替え材

新材料

3-5普及校時

下部土台建込み前 上部旧小屋組

旧吹屋小学校1

旧吹屋小学校2

吹屋は銅山の主権をめぐって戦国時代各大名の奪い合い、文化も尼子、豊臣、江戸文化と混ながら伝統を守り引き継がれている。弁柄は鉱山の副産物、長者が残した丁寧な仕事があの柿右衛門の赤い陶器として、青を表現した工芸品として和傘の絵柄として伝えられています

4-1吹屋の街並み

旧片山家住宅

4-2石州瓦と建屋

同玄関前

4--3土産物屋

街道筋

街歩きは小さい街ながら伝統の家並に飽きることは無い。

5-1石州瓦

広兼邸門構え

5-2和紙日傘

ベンガラ日傘

5-3格子

片山家の格子間

映画「八つ墓村」のロケの場、広兼邸は当時の吹屋の繁栄ぶりをあらわしている。

6-1広兼邸

石積に建つ

6-2長者の居間

同中庭を配する

6-3 釜戸

長者の台所

街歩きで昔の職人技や丁寧な仕事ぶりに接し伝統の良さとは何かを学び、追われる日々の
中に一時の安らぎの時を持てもした。

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: