FC2ブログ

京の街歩き

  加古川(構S)

  年明けの問屋街は伝統を守る佇まいに会えると思い京の正月に
  ストリートビューしてきました。
 
  JR二条駅で下車、モーニングを駅前で取る
  駅は木造トラスとS造の混構造で(京のもてなし)を感じる。

1_20160129174041ba2.jpg

  東堀川通より二条通りに入る
  街はまだ眠りの中、訪ねる者は私だけ
  旧の家並みは新しいマンションの中に埋もれて息をひそめていた。

2_20160129174043eef.jpg

  店先を覗くが休みの知らせは在るが新年だからか、閉ざされたまま
  門先は整頓され、何時でも客待ちだが店員の姿は眠りのなか???

3_20160129174044d98.jpg

  隣家の人の声もなく、置かれた自転車が今にも動きだして
  京の生活が始まりそう、軒のうだつに朝日があたる。

4_20160129174045618.jpg

  新しい商いも在るが、現代建築に囲まれて今も元気に伝統を守る 
  店構えの商家には心休まれる(頑張ってください)                
  入り口の石場建ての店構えは景観に溶け込んでいて素敵です。

5_2016012917410445c.jpg

  家並み挟まれ鳥居だけが前に出た薬祖神さんは、商人の思いに
  心打たれる、何時までも在り続けるでしょう。

6_2016012917410675b.jpg

  少し方向を換えて寺町通りに足を運ぶ
  崩れかけた土塀に沿って、下御霊神社の鳥居をくぐる、初詣での人と会う

7_20160129174107508.jpg

  官民あげて、守り続けた心の灯火、鈴を鳴らして心に捻じる、人々は
  七福神さんに何を祈っていったのかな
  私も、くじで大吉を頂きました、今年も頑張ります。

8_20160129174109b95.jpg
スポンサーサイト

これって木造!?

加古川支店のI岡です。
最近急激に冷え込みが厳しくなり、お正月の暖冬との差が激しすぎて
体がついていけてません!が、体調を崩さないように気をつけましょう!


さて今回は、先日、三木市にある兵庫耐震工学研究センター
通称「E-ディフェンス」で行われた実大実験の報告をします。


写真1

実験の内容は、「CLTパネルを用いた建築物の構造性能検証震動台実験」

CLTというのはご存じの方もいらっしゃると思いますが、
「Cross Laminated Timber」の略称で、ひき板を並べた層を、
板の方向が層ごとに直交するように重ねて接着した大判のパネルを示す用語です。

詳しいことは、日本CLT協会のホームページなどに掲載されていますので、
興味のある方は調べてみてください。

今回の実験は、このCLTパネルを組み立てた実物大3階建ての試験体を、
建築基準法に規定される「極めて稀に発生する地震(極稀地震)」により
行うものでした。

写真2

写真3

目的は、CLTを用いた建築物の構造設計法の妥当性、仕様規定の内容の確認と
終局耐震性能の把握を行うことです。

この辺りは、構造の専門家でないとなかなか理解できない内容かもしれません。
例えば木造の仕様規定に「耐力壁」がありますが、この耐力壁の仕様も
このような実験によるデータの積み重ねに基づいて設定されているのと
同じことをやっていると捉えればいいかと思います。

さて今回、実験はともかく、CLTパネルを組み立てた試験体をご覧になって
率直にどう感じられましたでしょうか?

CLTの用語解説はさきほど書きましたが、分かりきっていることであっても
CLTというのは木材です。果たして試験体を見てこれが木造だといえるのか?

人によっていろんな意見があると思います。
現在、国をあげてこのCLTに取り組んでおり、法律や構造設計法の整備と合わせ、
近いうちに実際の建物にCLTが使われるようになります。
そしてもうすでに、大臣認定という手続きではあってもCLTを使った建物が
実際に建っています。

私は、国内の木材資源の有効利用という観点から、特に中・大規模な建築物を
木造で建てるために必要な技術であると思っています。

欧米では10階建て程度の高層建築物がCLTを用いて建てられています。
日本でも、構造的にはもとより防火・避難等の課題がクリアーされれば、
木造の高層建築物が建てられるようになるでしょう。

しかし、やみくもにCLTの技術ばかりを追い求めるだけでは、
片手落ちだとも思っています。

日本の森林資源の有効利用とともに林業の継続性・再生産のしくみ、
林業振興やコストの問題、また日本がこれまで長い歴史の中で培ってきた
伝統構法・大工技術の継承・発展などについても、合わせて取り組んでいく
必要があります。

今回の見学で初めて試験体を見た時に、納得できる面と違和感を覚える面の
両方が自分の中に感じられました。

現在建てられている在来工法の建物がそうであるように、CLTを使った建物も
内外装が新建材で覆われるなどして、木造であるとは分からない、
鉄骨造やRC造と変わらないものになってしまうことを危惧しています。

CLT自体は素晴らしい技術であり、大いに発展する可能性がありますが、
もっと多様な木造のあり方ということも追求していきたいと感じました。


なお、実験直後の試験体は、遠目からの外見上は無傷で
何事もなかったかのように建っていました。
不謹慎ですが、どんな壊れ方をするのか?ということに
興味があったので、少し拍子抜け・期待外れな実験でした(汗)

写真4

工場見学!!

本店のKです。

これはなんでしょう?

①


答えはチョコレートの原料になるカカオです。


神戸にあるグリコピア神戸に工場見学へ行ってきました。

⑧


結構人気みたいです。(予約が取りづらい。。。)


美人なお姉さんの解説を聞きながら、グリコの歴史と
普段食べているお菓子の製造過程を見ることができました!


②

創設者の江崎利一氏

④

キャラメルの自動販売機!!
お金を入れると、映画が流れ
家庭にテレビが普及していない時代には大変人気があったそうです。


⑤

グリコのトレードマーク

よーくみると、顔の表情が違います。

当時のトレードマークは顔の表情が女性たちには評判が良くなかったようです。
よーくみると、時代と共に、好青年の顔に変わっています。



⑥

⑦

お菓子についているおもちゃ

どっかの家みたいです。。。(評価部Y本氏の家みたい。。。)

③

あっ!!これもどっかで見た光景!!(評価部Y本氏の家みたい。。。(笑))

年末年始2015-2016

姫路本店AYです。

今回は年末年始にあった出来事を少し書こうかと思います。

2015年忘年会はちょっと遠出をしたところで行われました。

部屋から撮った景色です。

DSC_0001.jpg

景色はいいところでしたよ。
(湖以外何もなかった。。)

年始は姫路城周辺をぶらぶらと散策しました。

まずは総社に行きましたが、初詣客でかなり混雑していました。

DSC_0002.jpg

DSC_0003_20160121135406ba1.jpg

DSC_0004.jpg

次に姫路城行くときにぶらっと立ち寄った、護国神社です。
こちらもかなり混雑していました。
(特に駐車場は順番待ちでした。)

DSC_0006_20160121135428ebd.jpg

DSC_0007.jpg

DSC_0005_2016012113540716c.jpg

最後に目的地である姫路城です。
「平成の大改修」後初めて行きましたが、まだ修理中?でした。
DSC_0010_201601211354300ef.jpg

天守閣に入ろうと思いましたが、1時間以上待ちでしたので、
諦めて帰りました。
入場口にあった門松です。

DSC_0011.jpg

まだまだブームなのかなとも思いました。
今年2016/3/26は改修後1周年になるので何かあるのか???

餅つき2015

姫路本店F本です。

年末27日にM部長、KYさん、当ブログ管理人AYさんと共に社長宅での餅つきに参加してきました。

前日より社長の妹さんがもち米の準備をしてくれていました。

20160104-01.jpg

KYさんがセイロにもち米をセットして蒸していきます。

20160104-02.jpg

蒸しあがったもち米を餅つき機で餅にしていきます。

20160104-03.jpg

つけた餅を社長の妹さんとその友人、M部長たちが丸めていきます。

20160104-04.jpg

今年もたくさんの餅ができました。

20160104-05.jpg

餡の入った餅も作りました。昼も過ぎていたので空腹にはたまらない美味さでした。

20160104-06.jpg

頂いた餅は新年早々雑煮に入れて美味しく頂きました。

初めまして

■ 小生、Y.Aは、昨12月に入社させて頂き、姫路本店に所属しております。
■ <新入社員の職場スケッチ>
    ● お客様をお迎えする1階玄関と2階事務室の出入口にいつも生き生きとした季節
        の花が格調高く生けてあります。
    ● 手洗も毎日きれいに掃除して頂いています。
    ● また、玄関にある水槽に小エビ(一匹のよう)とウナギ(2匹)が程よい水環境の
        中、いつも何事にも拘らない空気感を持って、ゆったりと居ます。
        小エビは、哲学者の様な顔をして、石の上に居ることが多いようです。
       一方、ウナギは、夜行性で昼間は2本の白いホース(ウナギの家)の中に居るか、
       砂から顔を出しています。
       ひとつの小世界のようで、ユニークです。
■ 小生、この様な職場環境の中、毎日、気持ち良く仕事をさせて頂いています。
     ありがとうございます。
     今後とも、よろしくお願いいたします。

台湾の日本家屋

姫路本店I井です。
年末に台湾を訪れた際に永康街や青田街といった場所を訪れました。
ここは明治頃の日本統治時代に建てられた日本家屋が多く残っているエリアで
台湾の中に突如、昔の日本の街並みが現れるような感じです。

IMG_3453.jpg

今では多くの家屋が傷んできているため、改修やリノベーションを行いカフェやレストランとして使われているところもありました。

IMG_3509.jpg

散策しているとちょうど施工中の家屋があり、塀越しに興味深く眺めていたら現地のデザイナーの方が現場を見してあげるよっと言っていただけたのでそそのまま見学をさせてもらいました。

IMG_3455.jpg

IMG_3462.jpg

中ではちょうど大工の方が使えなくなった箇所の建具を作成している途中でした。
台湾の年配の方は統治時代のなごりで片言の日本語を話されるかたが多くおられる感じでした。話によるとここは家屋からオフィスに用途を変えて使う予定だそうです。

IMG_3483.jpg

IMG_3482.jpg

見ていると日本にいてるような感覚になりほっとしました。
完成はまだまだ、だそうなので仕上がりが気になるところでしたがこういった所を見せて頂け満足でした。また、いつか完成した状態を見に行けたらと思います。

初めまして

初めまして、昨年の12月から
入社しましたT澤です。

何もかもが初めてで色々
ご迷惑おかけしてます;


そんな私の今年のおみくじ結果ですが


image1_201601141400335e9.jpg


なんと大吉でした(*'ω'*)


昨年が末吉で昨年末に就職も決まり、
今年は何があるのか楽しみです。


理解力が乏しく、頼りなく、
不器用な私ですがどうぞよろしくお願いします。

日本酒ブーム来たる!!

どうも 元祖管理人KYです!

本日は1月13日 ようやく寒くなって来ました!

寒くなると やはり おでんと日本酒でしょうか?!

去年の8月に 夢前町にある『壷坂酒造』さんの酒蔵見学
に行った時に買った日本酒がおいしかったので 最近は
出かけ先で 地酒を買って楽しんでいます!

画像1

ということで 以前から姫路駅にある 日本酒バーが気になっていたので
行ってみました!
店名は『試(こころみ)』 と言います。

名前の通り 兵庫県内の日本酒がグラスで頼めて(110円~)
お気に入りを見つけられるという志向です!

初めてなので お試しセット (決められた日本酒2杯とおつまみ)
これで 550円也 や や や 安い!

画像2

で美味しかったので 2杯 違う種類を選択して 合計4杯
(なぜか グラス5杯分写ってますけど(笑) 理由はナイショ)

呑んだ日本酒のカードがもらえます!
(子供の頃集めた 仮面ライダーカードみたいでテンションMAX)

画像3

画像4

また絶対に行きます!
(ただ、3杯くらいで帰るほうが おしゃれ かも?)

はじめまして

あけましておめでとうございます。
そして、はじめまして。
11月から入社して本店で評価事務をさせていただいています、K田です。
どんくさいので色々とご迷惑をお掛けすることもありますが、
少しでも早く仕事に慣れて頑張ろうと思いますのでよろしくお願い致します。

年明けにたくさんお土産をいただきました。
ありがとうございます。
Y本さんからいただいた大黒様のおまんじゅうが面白かったので、
思わず写真を撮りました。

IMG_1746.jpg

顔がボコボコです。
この大黒様が私の一年を暗示しているのでしょうか・・・。
それとも、笑いを運んできてくれたのでしょうか。

ボコボコになっても笑っていられる一年にしたいです。
これからよろしくお願い致します。

おせち料理

明けましておめでとうございます。
姫路本店 S野です。


おせち料理の話です。

昨年までは、主人の実家で義母のおせち料理を手伝い、
その料理を分けていただいてました。


料理中じっと出来ない1歳になる息子がいるので、

「今年こそは!!1人で作ってみよう!!」

と、決心しました。


全部作るのは難しいので、
少量しか食べない物、ミキサーなど道具の出し入れが面倒になる物は買おうと計画。


数の子の塩抜きや漬けおきする料理は29日から始め、何とか31日午後に作り終えました。

ぶりの照り焼き、いか焼き、鶏の照り焼きは、主人作。
田作りも料理本を渡し、作ってもらいました。

DSC_1370.jpg

一の重:数の子、かまぼこ、だて巻き、ぶりの照り焼き、いか焼き、黒豆、栗きんとき、
たたきごぼう
二の重:田作り、鶏のごぼう巻き、鶏の照り焼き、海老のうま煮、昆布巻き、
牛肉の八幡巻き
三の重:ロースハム、牛肉の塩麹漬焼き、出し巻き卵、鶏と野菜の煮物


作り終えた後は、「やっと終わった~」とぐったり。20歳の頃にした富士登山を思い出しました。
かなりの達成感でした!

おせち料理とお雑煮を満喫した三が日でした。

我が家の雑煮は、元日は白みそのお雑煮、2日目はお出汁のお雑煮、
3日目は好みの味付けの雑煮や焼き餅を食 べています^^

休み中、餅つきや初詣、連日家族で公園に行ったり良い時間を過ごしました。
ご馳走に子供との時間に上機嫌でしたが、体重もうなぎ上りとなるお正月でした(^^;

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: