FC2ブログ

福知山マラソン2015

豊岡のH本です。
11月23日に福知山マラソンに参加してきました。
事前の天気予報では「雨」だったので大丈夫かな?と心配していたのですが、当日は雨は降らず、絶好のマラソン日和でした。少々暑いくらいかな?

写真1

で、私はそんなに速くないので、「5時間台」のところでスタートを待ちます。
参加者は1万人もの大会なので、並んだ場所からスタートラインを出るまで7分以上かかります。

写真2

写真3

仮装の方もいらっしゃいます。この写真、歩いているように見えますが、既にスタートの号砲は鳴っています。先に見える高架橋より前にスタートラインがあります。

写真4

音無瀬橋を渡っています。空は晴れています。

写真5

女性の参加者も結構いらっしゃいます。

写真6

少し休憩して後ろを撮影。ずーっと後ろまで走っている方がいます。

写真7

マラソン大会、走らなくてもお店も出ていて十分に楽しめます。
又、ゴール後には豚汁やお汁粉が無料で食べることが出来ます。
スゴイ人なので、どさくさに紛れても多分食べることが出来ると思います。
福知山マラソンは途中のエイド(給水エリア)でバナナや、一般の方が勝手に私設エイド出されていたりしています。そこでも食べ物などがあったりするので、途中、お腹が減りません。(笑)

でもゴール後に食べちゃいます。何故か走る前より体重が増えているんですよね。
スポンサーサイト

バイパス工事の影響!?

加古川支店のK安です

またまたブログの当番がやってきました^^;

私は毎日バイパスを利用して姫路方面から通勤しているのですが

11/16~11/30まで明石西-大蔵谷にて終日工事をしています

その影響なのか なぜだか最近バイパスがすごく 空いているのです!?

11/16は電車事故等の影響で大渋滞でしたが(通勤に2時間以上かかりました><)

その後は土曜日のようにスカスカです♪

と思ったら今日は ちょっとした事故などで いつものように時間がかかりました・・・(全く読めない通勤時間です)

しかし この頃 渋滞のイライラを緩和することができるようになりました。

それはN○Kの朝ドラ『あさが来た』を聞きながら?来ることです
http://www.nhk.or.jp/asagakita/
↑結構視聴率がいいとか

朝ドラを観るなんて『おしん』以来です(若い人は知らないかも?)

NHKはナレーションが多く入るので 聞いてるだけでも内容がわかって楽しめます。
BSで土曜日に1週間分まとめて再放送もしているようなので
見逃した方はそちらもチェックください。

これから年末にかけて 事故・混雑も多くなってくると思いますので気をつけて運転したいと思います。

外回りをされている方々もどうかイライラせずに安全運転を・・・・

真鍋島

加古川支店Tです。

真鍋島今は猫の島で名を発していますが、平家方に付いた水軍 真鍋四郎裕久が守る
要塞で讃岐へ五里、笠岡へ五里の中間の城、今は島民よりも猫の方が多いかも
笠岡港より高速艇で半時間あまり、船は猫の待つ本浦港に着く
民家ふうの資料館で猫はと訊ねたが、あいにくの雨で猫は見当たらなかった

漁も先日の風雨で休み船泊まりに停泊した船のきしむ音だけが迎えてくれます
何処かで食事をと思い漁火の看板の奥を覗くが人影もなく海岸線に細く伸びた道を    
カメラをさげて城跡に向かう、やつと餌に顔を付けている猫にあう、笠岡から週に3日程
来て店お開いている初老の夫婦の店コーヒーカフェで島の歴史や旅の楽しみ方を聞き
気を直して雨上がりの海岸線をとぼとぼと歩きはじめる、

途中でテトラポットに腰を落とし、腹ごしらえに持つたきた握り飯しを開く
どこからともなく親子ずれの猫が目を光らせ寄ってきていちもくさんに握り飯を半分
近くかじられる、あとで島の人にあまり猫に餌をやらないで、猫の数が増えて困っています  とのこと、
まあ自然のバランスと観光客のモラルが島民の暮らしに邪魔しているように感じました。

追記 そんな訳で期待した猫の写真は撮れませんでした。

271124blog用データ

はじめまして

はじめまして
10月から入社し、本店で勤務させていただいております、Oです^^

まだまだわからないことばかりで、皆さんにはご迷惑を
お掛けするかと思いますが、精一杯頑張りますので
よろしくお願い致します。



自己紹介をさせていただきます^^


中学、高校で吹奏楽、大学でバンドをしていました
音楽するのも、聴くのも好きです♪♪

あとはパズルが好きで、完成させたパズルを
壊しては完成させて…を5回ほど繰り返します(笑)
現在、真っ白のパズルに挑戦中です!!!

昔から、私のパズルに注ぐ集中力は異常で
放っておいたらオールでパズルすることも…
一度始めたら、止まりません。(笑)



文章書くのが苦手なので強制終了します(笑)


はじめにも書きましたが…
これから精一杯がんばりますので
よろしくお願い致します!!!

生き物係

加古川支店のI岡です。
もうすぐ紅葉のシーズンですが、おすすめの紅葉スポットが
あったらぜひ教えてほしいです!


さて、今回はネタ切れなので写真のみの投稿です。


写真を探していると生き物の写真が見つかったので、

タイトル通りに「生き物」の写真を集めてみました。


あの有名なグループではないのであしからず...


001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

005.jpg

006.jpg

007.jpg

008.jpg

009.jpg

010.jpg

011.jpg

012.jpg

013.jpg

014.jpg

015.jpg


集めてみると「鳥」ばっかりになってしまいました(^^;

最後の写真のような顔で、いつも穏やかに過ごしたいものですね(^o^)



ちなみに、最初の写真の「生き物」は何か分かりますか?

撮影した場所も分かる人は、かなりのマニアですね!!!



016.jpg


この写真で分かるかな!?(撮影時期が少し古くてゴメンナサイ)

プチ旅行2

姫路本店AYです。

さて、前回に引き続き、旅行の途中で立ち寄った道の駅について
少し書こうかと思います。

前回は南の地域でしたので、今回は北の地域に行きました。

最初はこの道の駅です。

IMG00022.jpg

道の駅播磨いちのみやです。
宍粟市一宮町にあります。

国道29号線(福ロード)沿いで、伊和神社の近くです。

IMG00023.jpg

時期的に秋の観光シーズンでしたので、混雑していました。
これから年末年始で初詣ではかなり混雑しそう。。

場所的に鳥取に近いためか「梨」が売っていました。

IMG00024.jpg

次に、宍粟を西に行くと宍粟市千種町に着きました。
道の駅ちくさです。
佐用町とまたがった場所にあります。

IMG00029.jpg

自然豊かな場所にあるので、
ミニキャンプもできるみたいです。

IMG00030.jpg

こうして、宍粟市の2つを紹介しましたが、
宍粟市のさらに奥にもありますので、
次回?は残り2つを紹介したいと思っています。

なお、道の駅山崎がナビにあったので、行ってみましたが、
2013年3月31日で閉鎖していたらしく、跡形もなく更地になっていました。

好古園

姫路本店Tです。
先日好古園へ行ってきました♪

その前に、姫路城の前にある
たまごかけご飯が人気の「たまごや」さんへ!

2組ほど待って…

写真1

(安心してください たまごは2人分ですよ)


おなかいっぱいになった後、好古園へ!

写真2

まだ色づきはじめたばかりで見頃には少し早かったですが、
雨上がりの庭園は風情があって素敵でした(*^_^*)

写真3

写真4

13日からライトアップが始まっているそうなので、また行ってみようと思います。

ゴルフにいってきました。

姫路 評価部 T中です。

試験も終わりましので、今はけっこう遊んでいます。

つい昨日にゴルフにいってきました。

写真1

写真2

ですが、かなりドライバーの調子が好ましくありませんでした。

ですので・・・やることは1つ!

写真3

祈りましょう!

するとこのホールOBでした・・・。

もう、紅葉の季節なんですね。

写真4

ベストスコアの更新にはならなかったですが、次こそは更新できるよう練習を重ねます!

日本の文化へ

姫路本店I井です。
先日は「文化の日」でしたね。かなり前のお盆の頃になりますが帰省した際、京都にある河井寛次郎記念館を訪れました。
河井寛次郎は陶芸家であり、彫刻や書など幅広い種類の作品を残した方で
柳宗悦が起こした民藝運動に深く関わっていました。
外観は京都ではよく見かけるごく普通の町家で、ここ住まい仕事場としても利用していたそうです。

IMG_2380.jpg

陶芸家であったので陶器を焼く窯もこの奥にあるそうです。

IMG_2509.jpg

玄関を進むと町屋ならではの奥の深い土間があります。
この日はお盆ということもあり気温は38度、とても暑い日でしたが室内は木の床はひんやりと冷房無しでも過ごせる環境でした。やはり昔の方はすごいですね!

IMG_2504.jpg

ここは、築約80年。設計も河井寛次郎自身が自ら行い、実家が大工ということもあり細かいところまで丁寧に造られていました。とても、陶芸家の方が設計したとは思えないほど立派な造りでした。私は作品より建物に目がいってしましました。

IMG_2463.jpg

IMG_2452.jpg

二階の和室、真夏の暑い日でも気持ちよく昼寝ができそうです。

IMG_2483.jpg

IMG_2431.jpg

敷地の一番奥へ進むと登り窯が現れます。想像していたよりかなり大きい窯でした。
町中でここまで大きい窯があるとは思ってもいませんでした。


続いてその後、記念館のそばにある京都国立博物館へ。
昨年、谷口吉生設計による新館がオープンし昔とは雰囲気がかなり変わっていました。

IMG_2514.jpg

昔からある正門。

IMG_2515.jpg

新しくできた南門。
上の2枚の写真は同じ敷地の中心に向けて西側からと南側からと別方向から撮影したものですが全く別の施設に見えます。上手く2つの時代の建物が被らないように配置されていました。さすがですね。

IMG_2526.jpg

IMG_2530.jpg

IMG_2537.jpg

IMG_2541.jpg

IMG_2532.jpg

内観は無駄の無いすっきりとしたレイアウトです。作品は主に仏像を展示しており、多くの外国人の方が見学をしていまいた。日本人の私でもまじまじと仏像を眺めることがなかったのでとても新鮮な感覚になりました。久しぶりに日本の文化に触れた一日でした。

元祖管理人KY 色気づく!

山の紅葉も色つき始めた今日この頃
少しオイラも色気づいてきてしまいました!

『何かおしゃれをしたい!』と
体操の時に揺れるネクタイを見ながら考えたら閃いた!
『ネクタイピン』

ということで ネクタイピンコレクション

建築設計を意識して スプリングコンパス型

01タイピン

スプリングコンパス型を着けて公の場には出られないということで
シンプルな型を

02タイピン

でもどうしても ウケをねらいたい ということで
スケール型

03タイピン

雨降りには かえるさん型

04タイピン

100% 「鉄ヲタ ですか?」と聞かれる 機関車型

05タイピン

安心してください 鉄ヲタぢゃないですよ!

あなたのハートに鍵をかけちゃうよ!
ハート南京錠型

06タイピン

これは カフスとセットで買いました!

07タイピン

結構安くて面白いタイピンやカフスってあるんで
今後まだまだ増えていきそうです(笑)
乞うご期待!!!

追伸:シンプル型とスケール型は本店1階のTB田君と被ってしまいました‥
    TB田君とは他の物でも趣味志向が近いようで‥(笑)

食欲の秋

先週、4日連続ラーメンを食べてしまった
姫路本店のH野です。

食欲の秋ですね!
食べすぎだと言われるのですが、17時頃からおなかぺこぺこな私は
家に帰るまで体力が持たないのです。仕方がないのです…

画像1

最近食べたラーメンです。
一時塩ラーメンばかり食べていましたが、醤油ラーメン、気になっています。
おいしかったです。実は苦手だったメンマも克服しました。

が、いつもより帰りが遅いと家族に「またラーメンか?」と
聞かれるようになったので外食をもう少し減らすべきかと考えていいます…
(やめるとは言わない)

そんな感じで食欲(暴飲暴食)の秋を満喫している私ですが、芸術の秋を味わいに
姉と一緒に京都の「マリオ&ルイージ図屏風」を観に行きます^^
スーパーマリオの30周年と琳派400年を記念して制作されたそうで、
任天堂ファンとしてこれは見逃せない!
この展示は11月29日まで、美術館「えき」KYOTOで公開とのことですので
興味のある方は足を運んでみてください。


では最後に久しぶりに作ってわりとうまくいったたこ焼きの写真で締めようと思います。


画像2

深まる秋に。

姫路本店N井です。
『11月3日文化の日に、文化勲章の親授式が皇居・宮殿にて行われた』
とのニュースを見ました。

画像①

天皇陛下から勲章を授与された7名のうち、唯一の女性だったのが
染織家の志村ふくみさんです。今年91歳になる志村さんは、
草木染めの糸を使って紬織(つむぎおり)の着物を作り続けている方です。
普段使いの日常着あるいは野良着であった紬織を芸術の域まで高めたとされ、
人間国宝にも認定されています。

ずいぶん前にドキュメンタリー番組でその存在を知ってから、
ずっと気になっていたのですが、今年9月に『志村ふくみ展』が
開催されていると知り、滋賀県まで足を運んできました。

画像②

美術館の展示室に、衣紋掛にゆったりと掛けられた着物がずらりと
並んでいる様は圧巻です。どれもがまるで絵画のようでため息が出るほどの美しさです。
様々な色柄、模様、グラデーション、まるで筆で描いたかのようなにじみやぼかし。
経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の組み合わせだけで、
これほど豊かな表現ができるものかと感動します。

『草木染め』という言葉からイメージするのは、悪く言えば地味な、
良く言えば落ち着いた色合いなのですが、想像をはるかに超える鮮やかさと色の豊富さ。

画像③

作品の横には展示物の解説も兼ねて、志村さんの著書から抜粋された文章が
添えられているのですが、言葉選びの感性もさすがです。
実はエッセイストとしても有名な方で、いくつかの賞も受賞しておられます。
ちょうど読んでいるエッセイがあるので抜粋してみます。

  とある本を読んでの感想として
  『頁を開くと扉のむこうにもうざんぶ、ざんぶと潮の波立つ音がきこえ、
   海が文字になっておしよせてきた(筑摩書房『ちよう、はたり』より)』

海が文字になって!五感にずしんと響くようなすごい表現です。
他にもハッとさせられる表現、物の見方や考え方など、読んでいて
立ち止まったり考えさせられたり…なかなかページが進みません。笑

でもじっくりと時間をかけて読みたい、そう思って本を鞄に忍ばせています。
慌ただしい日常の中のすきま時間ですが、読書も芸術も満喫したい秋です。

ピンクリボンキャンペーン

こんにちは。姫路本店、経理のMです。
10月1日の木曜日、姫路城と大手前通りがピンク色にライトアップされました。
これは乳がんへの正しい知識の普及、また早期発見、早期治療の大切さをアピールする運動の一環だそうです。
18時55分からのライトアップということで、退社後に行ってみました。

1_20151102115222152.jpg

生暖かい風の強い日で、淡いピンクかと思いきやなかなかドギツイピンクです。妙なムーディーさがあります。

2_201511021152230ee.jpg

多くの人が写真を撮りに来ていました。私が行ったときは比較的空いていたようで、この後の時間は結構混んでいたようです。
何人かの友人に画像を見せましたが、「国宝相手になんだけど、言いたいことは一つしかないので困る」との感想を貰いました。
うん、まあ、そうねえ……。

3_20151102115225040.jpg

この機材がピンクのもとです。姫路城全てがこの色というわけではなく、もちろん白い部分もありました。
当日は雨が上がってすぐだったこともあり、足元のぬかるみがまだ残っていました。
機材には雨よけの厚手のビニールが掛けられていました。


ところで先日テレビでやっていたのですが、姫路城は明治時代に競売に掛けられたことがあったそうで……。
廃刀令ならぬ廃城令というもののため、日本の城の多くが不要と判断されたためです。
23円50銭(現代の10万円)で落札されたものの、その後使い道がないということで権利が消失し、
後ほど落札者の息子が買い上げ、さらにそれを陸軍省が買い上げたとのことです。
来年で築城から670年となる姫路城。国宝に指定される以前には、そんな不遇の時代もあったのですね。

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: