スナップ写真

姫路本店TB田です。

スマホの写真を整理していたらこんな写真が出てきました

ある夏の日、街中を歩いていたときに見つけたポスターです

1_20151029133807e77.jpg

違和感を覚えて二度見しました

2_2015102913380804d.jpg

・・・・・!?

正面に回りこんで見ると・・・

3_2015102913381030d.jpg

安心してください、シャクレてませんよ!
スポンサーサイト

読書の秋に・・・

姫路本店K山です。

少し前に、王さん、長嶋さんに星野さんがインタビューされた対談が
テレビで放送されていたのですが、気づいたときにはほとんど終わってて、
一度ちゃんと見たいなと、気になっていました。


ですが、この対談が本になってたのを見つけたので、即購入しました。


タイトルは、ズバリ



『ONの"メッセージ"』
(本の写真は、著作権の関係で掲載できません。すみません。)



個人的には、
お3方ともに、現役時代よりも監督になられてからの
活躍の方が印象に残っていますが、


王さん、長嶋さんは、野球界のスーパースター。
星野さんは、そのONに闘志むき出しで挑んでいった熱血投手。


その後、監督としても、リーグ優勝、日本一、チーム再建など、
実績を残されている方々です。



ほんと、秋の夜長に読むのが楽しみな一冊です。

読書の秋

こんにちは。神戸支店のI上です。
秋ですね。読書の秋です。
本を読むのは好きな方なので、通勤電車は読書の時間になっています。

好きな作家の一人に、池井戸潤氏がいます。池井戸氏といえば、数年前に流行語大賞となった、"倍返しだ"の半沢直樹の原作者として、一気に有名になりました。
銀行員だった経歴を生かして、銀行を始めとする、企業で働くサラリーマンや中小企業の社長の働き様を描く作品が多くあります。

まだ、半沢直樹もドラマ化される前、池井戸氏の名前も、ぼんやりとしか知らない頃、近所の本屋で何気なく手に取って、"面白そうやな"と思って買ったのが"シャイロックの子供たち"という本でした。

この物語では、とある銀行の、とある支店を舞台に、そこで働く様々な銀行員たちの姿が描かれます。

ちなみに、"シャイロック"というのは、シェークスピアの"ヴェニスの商人"に登場する強欲な金貸しの事だそうです。
(この小説に解説があり、初めて知りました…)

登場するのは、支店長、副支店長、同期、若手、ノルマ、ライバル、人事異動、ストレス、家族、…銀行で働く人々の日々の生活がリアリティを持って描かれています。
"自分だったら、こんな時、どうするかなあ"とか、"そうやな、分かるなあ"…とか、思わずつぶやきつつ、自然と話の中に入ってしまいます。

そして、途中からは、現金紛失事件が発生し、ミステリーの要素が加わり、だんだんと、そちらがメインになって行きます。
ただ、舞台は一貫して同じ銀行の支店なので、やはり、働く人々の悩みや葛藤を身近に感じさせつつ物語は進んで行きます。
そして、ラストは思いもよらないドンデン返し。
"そういう事か!"と見事なラストに驚いて、もう一回読んでしまいました。

ここから、池井戸氏の他の作品も読む様になりました。

…すみません、ただの独り善がりの読書感想文になってしまいました…

読書の秋…のみならず、スポーツの秋、食欲の秋、ショッピングの秋、睡眠の秋、芸術の秋、…皆様も色々な秋をお楽しみ下さい。

秋ですね~。

どうも!
9月から姫路本店の2階に戻ってきたOK田です。

そろそろ朝晩が寒くなってきましたね。
先日部長に砥峰高原のススキの事を聞き秋を感じに
行ってきました。
映画やドラマのロケ地にもなったらしくススキも見ごろなのか
結構車が混雑してました。(運転してるので道中の写真はありません。。。)
DSC_0062.jpg

DSC_0063.jpg

DSC_0066.jpg

DSC_0067.jpg

DSC_0073.jpg

DSC_0074.jpg

DSC_0085.jpg

写真はそれなりに撮りましたが何処をとってもススキなのでこのぐらいで・・・。
思ったより人がいたのでびっくりでしたがいい気分転換になりました~。

つれづれなるままに~~~

こんにちは!
すっかり肌寒くなった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
神戸支店のSですo(^∇^)o

\農業部収穫祭で芋掘り中のSです!(笑) 元気です!/

芋掘り

前回の記事からの間に、またいろいろなところへ足を運んでみたので、
そこはかとなく書き連ねたいと思います(笑)

まずは、思いつきで赤穂へ行ってきました!

赤穂城

「どっか城見に行きたい!城!」ということで知人にお願いして赤穂へ。
城ではなく城跡ですが…(笑)
知人に相生で車を停められ、「着いた」と言われて降りると
ペーロン城という道の駅(?)に連れて行かれるというハプニングもありましたが、
(ペーロン城のことを赤穂城だと思っていたようです。“赤穂”ちゃうやん。)
無事に到着!赤穂初上陸だったのですが、のんびりした町だなあと感じました^^

赤穂城002

静かで落ち着いたところでした!
大石神社へぶらりと立ち寄り、城跡付近をうろうろ。

歴史博物館

こちらは赤穂歴史博物館。白壁が岡山県の美観地区を彷彿とさせます。
近所だからですかね?岡山っぽい町並みだとも感じました。

赤穂御崎

お城のあとはこちらも思いつきで赤穂御崎へ!
天気があまりよくなかったのが残念ですが、見晴らしがとても良いスポット(*^^*)
階段があったので下まで降りて、海のすぐそばにも行ってきました!

ねこ

海へ向かう道中に子猫ちゃんたちが!人間慣れしていなかったようで、
怖がらせてしまいました…(´・ω・`)でもかわいい…。

そして、赤穂の次は出石へ!(・∀・)
シルバーウィーク中に観光したので、たくさん人がいました~!

朱鳥居

風景

朱い鳥居を抜けると、素敵な見晴らしポイントが!
この日は晴れていたので、景色を一望できました♪

時計

そば

お昼ご飯はやっぱり出石そばヽ(*´∀`)ノ

I川支店長からお話を聞いて、「行ってみよう!」と思ったので、
永楽館にも行ってきました!

永楽館

永楽館002

映画館(?)だったようで、様々なポスターがずらーーーり。
客席のみでなく、舞台上や控え室、舞台の下まで、くまなく見学できます+*゚
(何故か五右衛門風呂もありましたw)
歌舞伎小屋へ来たのは初めてでしたが、
じっくり探検できて、とても満足できました!
11月からは“らぶりん”こと片岡 愛之助さんの舞台が始まるそうですよ(^_^)

体験

永楽館を満喫したあとは、予約しておいた絵付けの体験へ。
小さい頃、焼き物に絵付けしたことがあるのですが、
もうほぼ記憶もないので、うまくできるか緊張しながらいざ体験!

肝心の出来はと言いますと――…

絵付け

こんな感じになりました!!\(^o^)/
(※連れの作品は掲載許可をいただいていないのでNGで^^)
我ながら満足です☆
「10月半ばに届きます」とのことでしたが、まだ届いていないので、
焼き上がりをどきどきしながら待っているところです(笑)

赤穂も出石も、どちらも兵庫県内ですので、
もしお時間があれば、ぜひぜひ遊びに行ってみてください!(*゚▽゚*)


朝夕の寒暖差が激しく、ますます寒さが増してくるかと思います。
年末に向けて忙しさも増すことかと思いますが、
体調など崩さないよう、どうか皆様ご自愛くださいませ。
神戸支店Sでした!(。・ω・。)

陶芸体験

神戸支店のI安です

先日、陶芸体験へ行ってきました。

お鍋の時に使う、『お玉置き』を作りたかったのです。
席に座り、「さあ、まず土台から」と思っていると先生が来られました。
「土台が一番大事だからね、基礎になる部分だから。お茶碗だから、これくらいの大きさね」と言いながら、私の粘土で見本を作って下さいました。
さすが先生、物凄く綺麗な土台が出来上がりました。

「私の作りたいのは、お玉置き・・・」そう思いつつ、そのまま、その上に粘土を重ねました。

暫くして先生が「そんなに広げたら、お茶碗じゃなくなる」と、手直しをして下さいました。何度か「えっと、お茶碗じゃなくてお玉置きを。あの、違うんです」と言いましたが聞こえていない模様。
お向かいさんが、「茶碗を作りたいのは自分で、その人はお玉置きが作りたいんです」と声を大にして言って下さったおかげて、ようやく分かってもらえました。
そして「え、変わったもの作るね;」的な顔をされつつ、作り直しです。

そして出来たのがこちら

陶器①



余った粘土でリボンをつけました。(取れませんように・・・)

陶器②



焼き上がりが届くのが楽しみです。
しかし届く頃には引っ越しをしている可能性があり、それもドキドキです。



教室を出て、階段を上っていると、なななんと、入れ歯を発見!!
安心して下さい。これはコップの破片です。

陶器③




話は変わります。
昨日、T中さん&S馬さんと共に帰ろうとしたところ、忘れ物をした為取りに戻り、走って2人を追いかけました。やっと追いついたと思ったら・・・

ゴール①

お2人がストールでゴールを作って待ち構えてくれていました。
ちょっと、感動して泣きそうだったので、写真を撮りました。

お散歩

神戸支店のT中です。
近頃めっきり秋めいてきましたね。
公園の葉も色付いて…(なぜか緑の葉が多いぞ…まぁ、いいか)きてるので、お散歩に行ってきました。
さて、明石公園へ。

どんぐりが大量に落ちていました。
犬達に ほれ取って来い と投げるも全く興味なし。
まぁ、好き嫌いあるよねー。なんて言いながらてくてく。

g

どんぐりの帽子をどんぐりのオムツという人もいるらしい。
はは。どこがオムツ(笑)と言いながらてくてく。
お城跡までやってきました。
犬達はバテバテ。人間はちょいバテ。なので、(あくまでも)わんこ達のために小休憩を。

h.jpg

ちょうどこの日、明石城「櫓一般公開」がされていました。覗きたいなと思いつつ、さすがに犬連れては入れない。断念しました。
あとで調べてみると定期的に公開されているようです。身近にあるものって知らない事・気付かない事って多いですね。全然知りませんでした。
来週末24・25日はロハス・ミーツというイベントがあるそうなので、行ってみようと思います。
犬達はお留守番。お留守番。

休日

皆さんこんにちは、神戸支店のT澤です。

先日の休みに『東条湖おもちゃ王国』へ子供を連れて行ってきました。
連休の真ん中ということもあり、たくさんのお客さんで賑わっていました。私的には人混みが苦手なので少し参りました(汗)

DSC_0146.jpg

DSC_0148.jpg

入口はいってすぐのところに記念撮影場所が。 パシャ!

DSC_0149.jpg

風でゆらゆらと動く面白い花が園内にあったので撮ってみました。
これ、なんという花かな??

DSC_0156.jpg

DSC_0161.jpg

DSC_0157.jpg

DSC_0162.jpg

『トミカ プレミアムシリーズ』です。普通のよりちょっと割高です。

DSC_0164.jpg

DSC_0165.jpg

トミカ、プラレールの歴史です。トミカの累計売り上げ台数は5億台超。おもちゃ産業恐るべし。

DSC_0166_20151014143436fa9.jpg

DSC_0169_2015101414343941d.jpg

怖がりの息子と一緒に機関車トーマスの乗り物に挑戦してみましたが、やっぱりダメでした。

DSC_0177.jpg

最後は秋の風物詩『祭り』で締めくくり。

それでは、また。

岐阜の旅

こんにちは。
シルバーウィークの旅行が
だいぶ前のことのように感じる神戸支店のI田です。


シルバーウィークは、岐阜に2泊3日の旅行に行ってきました。

まずは

「養老天命反転地」

写真 1

に行きました。
養老公園の中にある
荒川修作(美術家)+マドリン・ギンズ(詩人)
が構想、設計した体験型の作品です。

写真 2

写真が全く上手く撮れませんでいた;

すり鉢状になっていて、中には反転したり半分に切れた家具などがるオブジェがあったり、
いろんな仕掛けがある中を歩いて身体を動かして楽しめました。

夜は奥飛騨温泉郷の下島温泉に行って
山の料理をいただきました。

写真 3

アマゴのお刺身は初めて食べましたがとても美味です。


次の日の朝は、滝を見に行きました。

写真 4

三ツ滝といいます。
写真では伝わりにくいですが、大きく、
とても水が美しい滝です。

この日はそれから高山と白川郷へ行きましたが、
車も人もすごく混雑していて、たどり着くのに通常の2倍かかりました・・・・
(写真省略・・・)

最終日は郡上八幡へ。

写真 5

朝食が中部地方らしいです^^

私が頼んだ小倉トーストのセットには
うどんもついてました。

朝食の後は郡上八幡の街中へ。
郡上八幡のお城は小さいながらも綺麗なお城で、
お城からの眺めは最高です!

写真 6

写真 7


街中を流れる水路はとても綺麗で、
どこを歩いても気持ちのいいところでした。

写真 8

写真 9

水の綺麗な岐阜!という印象の旅行となりました。

花壇の草引き

神戸支店のNです

1_20151008102758c2e.jpg

前々から花壇の草引きを怠って大きく育ちすぎた草?を刈ることにしました

2_201510081028004ae.jpg

手前には「なすび」「きゅうり」の収穫が終えて少し季節外れのトマトができています

3_20151008102800c71.jpg

特に何も植えていなかったのですがこれだけ育ってしまいました・・・

4_201510081028032a1.jpg

ノコギリで切ってみると5センチくらいの切り口でした

5_20151008102826f10.jpg

隣りの車にも侵入していたようで切ってよかったです?

6_201510081028283a4.jpg

スッキリしすぎ!!^_^

HKG48

皆様いかがお過ごしでしょうか、朝晩涼しくすごし易くなりましたね。
最近、本店・支店の皆さんを巻き込んで、何かをし始めた加古川支店のU畑です。

先日加古川支店のM本さんブログより、HKG48を紹介されていましたので紹介します。
HKG48とは何でしょう?そのままです。ダンスグループです。(歌も歌います。)
って、そんなに体は動くわけでもなく、ダンスなんて到底無理です。

いえいえ、紳士のスポーツをはじめました。(紳士がしているかどうかは謎ですが。)
そうです!ゴルフです!前々から、プライベートでラウンドはしていたのですが、
コミュニケーションツールのひとつとして会社でもできたらなと思い皆さんに声をかけてみました。
兵庫確認の中にも前からゴルフをしている方、初めてする方など皆さんに賛同いただきまして、沢山の方とゴルフを楽しんでいます。
HKG48とは、兵庫確認ゴルフ部楽しくゴルフをしてハーフ48で周り100切りを目指します。
(実際、何回か皆さんとラウンドに行ったのですが、審査の事を忘れてゴルフを皆さんが楽しんでくださっています。これからも楽しんで貰えるように色々と企画していきたいと思っています。皆さんのおかげで私も楽しんでおります。ありがとうございます。)

そうそう、加古川支店の休み時間等は、ゴルフスイングの話やゴルフギアの話などで盛り上がっています。そういう話をしているとやっぱり欲しくなっちゃうんですよねゴルフギアが、皆さん衝動買いをしたり、初めから新品を購入したりそんな中で皆さんが拘った所は、打感でした下記の写真が皆さんが購入されたアイアンです。

写真01

すべて軟鉄鍛造(フォージド)です、詳しい話は抜きにして、芯を食ったてショットした時は最高に心地よいです。どのクラブを誰が使っているかはご想像にお任せします。加古川支店は現在フォージドブームです。

物欲はつきないもので、アイアンを購入すると、ウェッジも欲しくなっちゃうんですよね。
下記写真は、現在使用中のウエッジの写真なのですが、キュキュッと止まるボールが打ちたくて、購入したものなんですが、現在のゴルフ規制ではルール適合していません。(したのカタログは次に購入してるかも知れないウエッジだったりして・・・。)

写真02

そのあたりは皆様、プライベートゴルフなのでお許しくださいませ。(どこからかK安さんの声が聞こえてきそうですが・・・。)

そんな感じで、皆さんのおかげでゴルフを楽しんでいるU畑です。

シルバーウィーク

神戸支店 K
9月のシルバーウィークに山梨の甲府へ行ってきました
「山梨県立図書館かいぶらり」久米設計でJSCAの雑誌に紹介されていたのを見てきました。
屋根は平面クロス梁にプレート弦材を取り付けたトラス梁になっています。布がたれたような軽快な見え方で軽く感じました。なかなか立派な図書館でした。

写真1

写真2

写真3




その隣には、山梨県文化会館があり、要塞みたいで圧倒されます。中は2階までしか入れませんでした。意匠設計は丹下健三、構造は横山不学でこれから免震レトロフィットの工事が行われるとのこと。

写真4

運動会

豊岡支店のI木です。

先週の日曜日に地区の運動会に参加してきました。

IMG_0012.jpg

多分中学生の頃に参加して以来となりますので約20年ぶりの参加となりました。

天気も良く綱引きやリレーなど地区対抗での競技では熱く盛り上がって楽しく参加できました。

また地域の方との交流も深まりとても良い1日となりました。

でも20年程前に参加していたときはもっとたくさんの人が参加していて

もっと盛り上がっていたと思います。

これからもこの地区は子供の数も減り地区の人口も減っていくと思うけど

自分の子供たち大きくなる頃もこのような運動会が続いていてほしいなと思いました。

吹奏楽

神戸支店 I です。


8月に尼崎市のアルカイックホールで第65回関西吹奏楽コンクールがあり、

子供の中学校が出場するので演奏を聴きに行きました。

IMG_20150826_164952611.jpg


大ホールで堂々と演奏する子供たちに感動しました。

関西大会は初出場ながら見事『金賞』を受賞しました。

惜しくも関西代表には選ばれず、全国大会出場はならなかった。。。


https://www.youtube.com/watch?v=f1bjLsqRJDo


しかし、第21回日本管楽合奏コンテストに録音したもので応募し、

予選審査を通過、なんと『全国大会』に出場が決まりました。

この大会が中学生最後の演奏です。

いい思い出になるように、がんばってほしい。


http://www.jmecps.or.jp/soical5b21


プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: