FC2ブログ

「私の相棒」

加古川支店のT取です。冬は嫌いです。寒いのが苦手です。
そんな私を文句ひとつ言わず熱心に温めてくれるのが、冬場の相棒「こたつ」です。
この相棒が変わった場所で活躍していると聞きつけて、お正月に会いに行って来ました。
それはここ↓
2013-1-29 (1)

入り口を入ってすぐの大水槽の前に彼(こたつ)は居ました。
2013-1-29 (2)

一目散に彼の元へ!たくさんの人です。さすが人気者です!
では早速私も彼の中へ・・・。
ん~、やはりここでも彼の温もりは私を裏切りません。できるヤツです!!
彼と一緒に座っていると、いつまでも目の前の水槽を眺めてしまって中々出られません。
でも彼を求めにやってくる人たちのために、後ろ髪を引かれながらお別れし、館内を鑑賞しに行くことにしました。
2013-1-29 (3)
2013-1-29 (4)
2013-1-29 (5)
2013-1-29 (6)
2013-1-29 (7)
2013-1-29 (8)
2013-1-29 (9)
最後にはお土産も購入♪今巷で話題の「チンアナゴ」です♪♪
2013-1-29 (10)
2013-1-29 (11)

(昨年、11月11日は「チンアナゴの日」と認定されました。)

須磨海浜水族園の「こたつで魚鑑賞」は3月2日まで開催しているようです☆
スポンサーサイト

我社の鑑定人

さて、備前焼の湯呑みである!
これは、元管理人KYが岡山県のとある場所で手に入れたものである。

店主曰く
「この湯飲みは角度により色々な表情があるだろう。
 そこらへんのガス窯で焼いたものではない!
 きちんと登り窯で焼かれたものだ!」
2013-1-28 (1)

元管理人KY
「おぉ!面白い模様ですね!
 いい仕事してますねぇ!」

中にもいい感じの模様が
2013-1-28 (4)


店主
「この、すんばらしい湯呑みを今日は初売り!
 半額!!!
 でどないや?!」

元管理人KY
「このお宝を は は 半額~ぅ???!!!」
と声がひっくり返ったのである!

2013-1-28 (2)
このお宝が半額である!

そして、半額のお金を払ったのである!


この湯呑みを(あえて名前は伏せよう)我社で一番えらい人に見せた!
「1500円!」

この湯飲みを せ せ 1500円 と鑑定したのである!
ん~ん‥‥

もう一人毎週テレビで骨董品の研究をしている
(これもあえて名前を伏せよう)性能評価部長に見せた!
「3500円!」

この湯呑みを さ さ 3500円 となっ?!

どうも二人とも目利きができないようである!

2013-1-28 (3)


えっ? いくらかって?

400円です!

えっ?わからないって?

だから 400円 です!

だ・か・ら 400円です!!!

キラキラカメラ

姫路本店K藤です。

まだまだ寒い日が続きますが、
冬の楽しみの一つにイルミネーションがあるかと思います。

きれいにイルミネーションされた冬の街を見るのも良いですが、
その風景を写真にぜひ収めておきたいものです。

一眼カメラで本格的に写真を撮るのも良いですが、
最近のスマホで簡単にクロスフィルターの効果を出せるアプリがあります。

↓ キラキラカメラ(無料です^^)
2013-1-27①

このアプリ、
写真を撮った後に自由に加工ができるというところが非常に良いです!!
2013-1-27②
(加工前)
2013-1-27③
(加工後)


分かりますでしょうか、光の点がクロスしています! (^ー^*


2013-1-27④

こんな感じで、
クロス具合の大きさを調整したり、
光の数を調整したりと、自由に加工ができます。
2013-1-27⑤
その他に、
クロスの種類を変更なんかもできちゃったりします^^
2013-1-27⑥
花火に花を咲かせてみたり
2013-1-27⑦
蝶々を飛ばせてみたり (^ー^*

とにかく最近のスマホの技術には驚きです。

一眼に比べるとやっぱり画質は落ちますが、
お手軽に写真を加工することができますので、

ライトアップされた冬の街を“キラキラカメラ”で写真にどうぞ!

新年会

本店審査部でちょっとだけ遅い新年会を開催しました。
新年会何が食べたい?
若手「肉がいいっすねぇ!!」
   「揚げ物のいいっすねぇ!!」
30代、40代「やっぱり海鮮でしょ!!」

お店に入ってまずは、避難経路の確認。。。
2013-1-24 (1)


宴会スタンバイOKです。
乾杯の後、宴会が順調に進みます。
2013-1-24 (5)

まずはお刺身
2013-1-24 (3)


姫路産の豚桃色吐息
2013-1-24 (4)

そして揚げ物
2013-1-24 (6)

若手の希望。。。肉
2013-1-24 (7)


料理がすごく美味しくお酒が進みます。
2013-1-24 (8)


盛り上がってきました。
んっ???
ここに寝てる人が。。。
2013-1-24 (9)

お店が民家のような落ち着く場所でした。
あっという間にお開きの時間がきました。
お酒との別れを惜しむN井氏。。。
2013-1-24 (10)

楽しいひと時でした。

アイス

本日は豊岡支店のK本さんです。

寒い日が続きますが、私の冬の楽しみは
部屋を暖かくしてこたつでアイスを食べることです。

2013-1-23.jpg

最近はまってるのは、井村屋やわもちアイス京きなこつぶあん。
100円でお釣りがくる手頃な値段ですが、
おもちもやわらかく、きなこの風味もしっかりして、つぶあんも入って
おいしいです。

玄さんラーメン

本日は豊岡のH本です。

検査などの帰り道に時々、「道の駅」などに寄ることがあります。
トイレ休憩や、精々缶コーヒーを買う程度なので、普段は売店に入ることはめったにありません。
ましてや、地元民であれば、土産物を買うこともありません。通常は用事がありません。
で、ちょっと寄り道して道の駅の土産コーナーをウロウロしていたら、このようなものを見つけました。

image1.jpg

「玄さんラーメン」である。この玄さんは豊岡市のキャラクターで、TVでスキー、スノボ、パラグライダーをするなど、運動神経は某テレビのガチャ○ン並である。
パッケージにつられて、手にとったが、1袋200円!高いっ! スーパーで売ってる袋ラーメンの約4倍もする!いくら土産モンでもぼったくってるんじゃないか?と、思いながらも、買ってみた。
無添加のコウノトリ米の米粉を使っているのだとか。無添加だから高いっていってもねぇ~。
パッケージにある「がっせえうめえ~」にもハードル上げすぎ??と思いながら。


ちなみに「がっせえ」は但馬弁で「ものすごく」の意味である。
「がっせえうめえ~」はおっさんしか使わない言葉で、決して若い姉ちゃんは使わない。
玄さんは設定上160万歳なので、問題ないが。
image2.jpg

食した感想だが、普通の醤油ラーメンである。「がっせえうめえ~」というほどではないが、個人的感想なので、人によっては美味しいのだろう。
一昔前の袋ラーメンの麺よりコシがあって美味しい麺なのだが、最近の袋ラーメン負けないくらいの商品も出ているからね。


但馬方面の道の駅などでは売っているようなので、来訪の際、気になる方は買ってみてください。

マンボウ

こんにちは
神戸イベント広報係のK畑です。
正直新しいイベントはネタ切れです。
イベント広報係の看板はそろそろ仕舞わなければなりません

替わりのネタも特に・・・
帰省以外目立ったところにも出かけてもないし・・・

あぁそういえば
皆さんはマンボウをご存知でしょうか?
マンボウそれ大きくて可愛い(?)さか(ry

マンボウ


・・・ってそんなことは知ってる?

では食べたことはあるでしょうか?
先日、室戸の民宿にとまった時に食べる機会がありまして
味噌漬けでしたがこれがまたウマイ
普通の魚とは違った食感
鳥のササミの旨みとミノを少しやわらかくしたような歯ごたえ
あぁもう一度食べたい(゚д゚)ウマー
と思わせるだけの一品でした。

神戸市でどこか食べれるところは無いものかと
思いますが入荷自体が少ないのでコマめに調べないと無理なレベルです
もし、居酒屋で見かけた際は注文されることをお勧めします。( ゚ω゚)ノ凸
(太平洋側の高知や紀伊半島とか行けば食べれるみたいですけどね)

追記:
前回いつ届くか分からないと言っていた
ビアンキ ローマですが
2ヶ月経過・・・未だに連絡すらありません。
前金だけ収めて騙されてねぇかというレベルです。
今届いたら届いたで寒すぎてすぐには乗れないんですけどね(´・ω・`)

さんちか麺ロード

本日は、神戸支店のI安さんです

こんにちは。

いつも帰り道、『さんちか麺ロード』を通って帰ります。ある日そのラーメンの香りを嗅ぎながら、O野さんが、今度帰りに皆でラーメン食べて帰ろうという提案をし、土曜日の仕事終了後にT中さん、O野さん、私(I安)とで美味しいと評判の店へ行く事になりました。

お目当ての店まで、結構迷いました(ちなみに、『さんちか麺ロード』にある店ではありません『センタープラザ』という所に行きました)。
道中、一生同じメニューしか食べられないとしたら、何を食べるかという質問をしたところ、T中さんに「日替わり定食」と言われ、その回答はセコいと言うと、「じゃあ、手巻き寿司(具は毎日自由)」と、またセコい事を言われました。皆さんなら、どう答えますか?カレーとかですかね?ちなみに、ダウンタウンの浜ちゃんは、「酸辣湯麺(スーラータンメン)」だとTVで言っていました。ハイ、どうでも良い話でした。

そして、到着!『天孫降臨』・・・ガーン!閉まっているではありませんか。
看板に「本日のスープは完売しました」と貼り紙が。まだ7時にもなっていないのに。
2013-1-20 (1)

そして、次に『つねむら』へ行く事に。
何という事でしょう。こちらもシャッターが閉まっているではありませんか。
2013-1-20 (2)

途中、O野さんが「丸亀製麺でも良い」と言い出しました。ラーメンではありませんね、うどん屋ですね。
次に「お肉でも良い」と言い出しました。もはや麺でもありません。
2013-1-20 (3)

そしてそして、開いているラーメン屋の中から迷って迷って、『ラーメン屋 段七』へ
入りました。
2013-1-20 (4)

私は海老塩ラーメン。
2013-1-20 (5)

T中さんは醤油チャーシューラーメン
2013-1-20 (6)

O野さんは、海鮮丼セット(ラーメンは鶏白湯)
2013-1-20 (7)


O野さんはネギとアナゴが食べられません。なのにラーメンと海鮮丼を注文・・・チャレンジャーですね。

その他、餃子も注文しました。
2013-1-20 (8)

注文した品が届くまでの間、T中さんが突如「私、明日、カレー食べるねん」とおっしゃいました。
なぜこのタイミングで明日の食事メニューの報告を?謎です。


メニューです。
2013-1-20 (9)
2013-1-20 (10)
2013-1-20 (11)

海老塩ラーメンは、チャーシュー2枚に海老ワンタンが3つ入っていました。
とてもあっさりしていて、海老油とも相性がよく美味しかったです。
麺はツルツルでした。



今度は、平日の夜に『天孫降臨』に行ってみようという事になりました。
楽しみです。

盆栽


本日は神戸支店のT中さんです。
私は今年のお正月の話をひとつ。

わが家では門松の代わりに室内用に松竹梅の盆栽を作ります。
盆栽が趣味の父が作るのですが、今年は久しぶりに作ってくれました。
それがこちら。
2013-1-18 (1)
これだけで一気にお正月気分です。


そして、妹も初めて挑戦。
ミニ盆栽などが流行っていて興味を持ったようです。
できたのがこちら。ウサギがついててかわいいなと思いました。
2013-1-18 (2)

盆栽のイメージが少し変わって見えました♪緑はいいものですね。
みなさんも盆栽、いかがですか?

牛乳

こんにちは、神戸支店O野です。

大変です、お正月はごろごろと牛のように過ごしていたためブログの小ネタもありません。
………よし。
そう、牛といえば牛乳です。(無理矢理)

ある日私は母から仕事帰りに牛乳を買ってきて、と頼まれました。
駅前のスーパーはすでに閉まっている時間だったので、私はコンビニで1ℓパックの牛乳と駄菓子を購入して帰りました。
帰宅し袋から牛乳を出していると、袋の中にストローが1本入っていました。
飲み物は牛乳以外に購入していなかったので、そのストローは牛乳のために付けられたのでしょう。
まさかあの店員さんは私が帰る道すがら、1ℓの牛乳をゴクゴク飲みながら帰ると思ったのか?今すぐ牛乳が飲みたいだろうと思っていれてくれたのか?とも思いましたが、もしかすると何かの間違いで入れたのかなとその時は思いました。
しかし、そんな機会がまた訪れたため、今度はストローいらないですと断りました。
きっとコンビニ店員のマニュアルかなにかで、パックの飲み物にはストローを付けることということが決まっているのでしょう。
けれども一般的に考えて、1ℓパックの牛乳をストローで飲む人が世の中にどれほどいるのでしょう。それがジュースであってもあまりいないと思います。

マニュアル通りのサービスというのは、お客様によって差が出ず平等な対応が出来るのでそれは間違っていないでしょう。
また特に駅前のコンビニだとか忙しい所では画一的なサービスである方が効率化に繋がるのでしょう。
しかし、そこには心のこもった対応はあまり感じられません。
雑誌で東京五輪が決まり外国人が東京に来て思った事という特集があり、その中に「少しでもイレギュラーな対応を頼むと嫌がられる」というものがありました。
ちょっとここをこうしてほしいと頼んだだけなのに、上に確認します…、マニュアル外になりますので…、といってやってもらえない、手間は同じだし、ちょっとしたことなのになぜ?というものでした。
これは一部の意見なので東京では必ずしもそうというわけではないでしょうが、そのように感じる外国人が少なからずいたということであり、東京ではマニュアルを遵守する傾向にあるということなのでしょう。

そこで、ふと自分のサービスはどうだろうと考えてみました。
画一的なサービスになっていないだろうか、お客様に合わせた接客が出来ているだろうか、東京に来た外国人のように不満に思われてはいないだろうか。
神戸支店にお越しの際はご確認お願いします…(^_^;)
お客様の手助けになるサービスが出来ていると嬉しいです。

ところで余談ですが、コンビニでカップのアイスクリームを購入した際にもストローが付いていた事があります。
あれはうっかり間違えたのか、店員さんからの挑戦だったのか…。

ロイヤルプリンセス

本日は神戸支店のI田さんです。

少し前ですが、ハーバーランドから出ている遊覧船に乗りました。
神戸ベイクルーズ 「ロイヤルプリンセス」という遊覧船です^^

住んでいる場所ほど、なかなか行かない観光地。
この遊覧船も初めて乗りました。

2013-1 (1)

船の中からの景色はこんな感じで、
よくイメージされる神戸の景色が綺麗に見ることができます。
2013-1 (2)


港を少し離れると、こんな感じで、三宮のビル郡を
見ることができます☆
いつも歩いている場所も違って見えます。

皆さんもぜひ一度海からの神戸を眺めてみてはいかがでしょうか?

公衆電話ボックス

本日は神戸支店のNさんです。


神戸支店の近くにガラス張りの公衆電話ボックスがありました・・・
2014-1-15 (1)
2014-1-15 (2)
2014-1-15 (3)
今ではあまり利用されていないと思いますが、なかなか斬新なデザインだったので撮ってみました・・・

海賊とよばれた男

神戸支店のK林です。

最近これはおもしろい!!と思った本を紹介します。

それは「永遠の0」と言いたかったのですが、加古川支店のUR野氏に先を越されてしまったので、

もとい それは「海賊とよばれた男」です。

もうすでに購読された方も多いかとは思いますが、あまり読書しない私が本当におもしろくって人に

薦めたいと思える本です。

2013-1-14.jpg

作者である百田さんの「永遠の0」と同様に人気の高い作品で、2013年本屋大賞に輝いた作品です。

某TV番組で取り上げられて一気に話題になった本です。

話の内容は第二次世界大戦後の昭和の日本で某石油会社社長の実話に基づく感動の物語です。

絶望的な現状の中で、次々起きる困難に堂々と立ち向かい自らの意思を貫き通す姿に感動し、ハ

ンカチ無しではいられなくなります。

百田さんの作品はたくさんありますが、私の読んだ中での勝手なランキングは、以下の通り

1位 : 海賊とよばれた男
2位 : 永遠の0
3位 : 影法師
4位 : 黄金のバンタムと呼ばれた男
5位 : モンスター
6位 : ボックス
7位 : 風の中のマリア
8位 : 輝く夜

でした。早く次の作品が出ることを楽しみにしている今日この頃です。

十日えびす

本日は神戸支店のI支店長です。

商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社の西宮神社に参拝してきました。
2013-1-13 (1)
2013-1-13 (2)
2013-1-13 (3)
2013-1-13 (4)
2013-1-13 (5)

「お金が身につく」ようにとマグロの胴体にさい銭を貼り付け、
2013-1-13 (6)

今年は福箕を購入して、商売繁盛となりますように!
2013-1-13 (7)

境内に「お化け屋敷」?
2013-1-13 (8)
2013-1-13 (9)

新年のバーゲン

本日は加古川支店のM本さんです。

皆さん、新年のバーゲンは行かれましたか?
毎年福袋を買われている方も多いとおもいます。
1万円で5万円分・10万円分が入っていたり・・・
今まで一度も買ったことがなかったのですが、
今年初めて買ってみました。
・・・といっても、中身が分かる福袋ですが><

ルピシア
2013-1-11.gif
2013-1-11.jpg

5000円で10000円分が入っていてとてもお徳でした☆
来年はまた中身が分からないものも買ってみたいとおもうM本でした。

朝ラジオを聴きながら

本日は加古川支店のU高さんです。
朝ラジオを聴きながら車を運転していると、スギの有効活用の話題が聞こえてきました!!
スギはやわらかいから大型建築物には向かない、そのような常識を覆し
国産のスギ材を使って直径120メートルの巨大ドームを完成させたとか!!
2013-1-8 (1)
す  すごい!!
やわらかくて折れやすいというスギの弱点は、発送を変えれば
しなやかで粘り強く、変形が容易という強みだとか!
資源をどうやって育てるか、利用をどうするか、そして再循環させるシステム作りを
していきたいとのことでした!
2013-1-8 (2)

次はスギのガードレールを目指しているそうです!
夢が広がるなぁ~><

山のお話-その7


本日は加古川支店のU田さんです。

明けましておめでとうございますヽ(´ー`)ノ。

年末に試験に落ちてしまいました。。。
また1年山に登れない日々が続きそうで、凹んでいます。。。
そんなときはこっそり山のお宝画像を見て癒されている今日この頃です。。。
「槍玉に挙げ」られても「横槍を入れ」られても「雨が降ろうが槍が降ろうが」山が好き!゚+.゚(´▽`人)゚+.゚!!

ということで今回の山のお話は「槍(槍ヶ岳)」です。
いや~むり槍な振りですね(´ー`A;) 。

深田久弥は『日本百名山』の中で槍ヶ岳のことをこんな風に書いています。
『富士山と槍ヶ岳は、日本の山を代表する2つのタイプである。
(中略)一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように、いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう。』

う~ん。さすが良いこと言いますね~。
槍のあのトンガリぐあいを見て、頂上に立ってみたいと思わない山屋は居ないでしょう!((*゚Д゚)ゞ ハイ!
槍ヶ岳は北アルプスのほぼ中央に位置し、北鎌尾根・東鎌尾根・西鎌尾根・南岳に続く4つの尾根と、槍沢・飛騨沢の2つの沢の交差する場所にあります。
そこは登山者にとって、ターミナルであり目印であり目標であり天を指差すようでもあり。。。まるで一筋の光のような山です。
ま、妄想はこのぐらいにして、百聞は一見に如かず!ですよヾ(´▽`*)ゝ♪。

まずは、東鎌尾根から見た槍ヶ岳です。
2013-1-7 (1)

槍の南側にある大喰岳から見た槍ヶ岳です。
2013-1-7 (2)

北穂高岳から見た槍ヶ岳です。とんがってます!凹んでる場合ではありません!ァィ(。・Д・)ゞ
2013-1-7 (3)

この槍ヶ岳の先っぽのとんがったところは穂先と呼ばれています。
穂先の先端が山頂です。標高は3180m、10畳ほどの山頂に小さな祠があります。
穂先のすぐ下、標高3060mの位置に槍ヶ岳山荘(通称:肩の小屋)があります。
肩の小屋から見た槍ヶ岳です。
2013-1-7 (4)

真ん中あたり(左側)に少しとんがった出っ張りがありますが、あれがアルプス一万尺の歌に出てくる「小槍」です。
とてもじゃないけどあそこでアルペン踊りは無理ですね(´ー`A;) アセアセ。

山頂へはこんな感じの梯子や鎖の付いた岩場を登ります。
登る時より下りる時が危険です。
2013-1-7 (5)
2013-1-7 (6)

山頂からの眺めです。
2013-1-7 (7)

この槍ヶ岳は、1828年(江戸時代)播隆上人によって開山されたと言われています。
まだ近代的な装備も何も無かった時代、大変な苦労だったと思われます。
しかもその後、播隆上人は少しでも多くの人に登ってもらうために全国を旅して資金を集め、貴重な鉄で鎖を作り、登山道の整備をしました。
肩の小屋ではその播隆上人の功績を称え、毎年播隆祭というイベントをやっています。
この小屋も小屋のテラスも好きですが、特にここのテントサイトは大好きです!
山肌に段々畑のように作られたテントサイトは、狭くてテントの大きさによって場所が指定されます。
早く到着しないとテントが張れないことが多く、なかなか場所が取れません。。。
テントサイトはこんな感じです。
槍ヶ岳には4回訪れましたが、毎回ほんとよくこんな狭いところに作ったもんだ!と感心します!
2013-1-7 (8)

私も槍ヶ岳のように、凛として自信のある人間になれるよう、頑張って行きたいと思います(`・ω・´)シャキーン 。

そういえば先日、写真部(仮?)が紅葉の写真をUPしていたので、私からも1枚!
フツーのデジカメで撮ったものですが、三段紅葉(青空+初雪+紅葉)です |゚ー゚)ノ 。
2013-1-7 (9)

今回もまた長文になってしまいました。。。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!
今年もよろしくお願い致しますm( __ __ )m 。

あけましておめでとうございます


管理人SKOです。

皆様、あけましておめでとうございます。

本年度も株式会社 兵庫確認検査機構をよろしくお願いします。

さて、皆様は年末・お正月はどのようにお過ごしでしたでしょうか?

農業部では餅つきをしたようですが・・・

管理人は残念ながら私用で参加できませんでした。

農業部ブログにて、餅つきの様子が見れると思います。

農業部ブログをチェックしてみてください。

追記

本日は、写真がなく申し訳ありません。

また、本年度も管理人SKOをよろしくお願いします。

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: