FC2ブログ

丹波ハピネスマーケット

神戸支店のTです。

日中は暖かい日も多くて桜もそろそろ終わりですね。桜吹雪がとても綺麗です。
地面は桜の絨毯状態。

IMG_9271.jpg

さて、そんな陽気の中、先日丹波まで行って来ました。
何をしに行ったかというと、妹がハンドメイドアクセサリーを売っていまして、
丹波ハピネスマーケットなる催しに出店するというのでそのお手伝いです。
当日は早朝出発。平日よりも早起きです~( ~³ω³ )~眠いのですzzz
現地に(ギリギリに)着くとまだ半分くらいしか出店者が到着していませんでした。
のんびりしています。

IMG_9267.jpg

準備が完了したらお腹が減ってきました。
出店者さんのコーヒーとマフィンで朝ごはんです。

IMG_9268.jpg

今回は買っていませんがこのお店、アイスレモネードコーヒーというのがあって
それがとっても美味しい!名前のとおりアイスコーヒー+レモネードです。
(以前、湊川公園でも出店されていました。)
お店の名前はGLOBE MOUNTAIN COFFEEさん。京都から来られています。
他にも気になるものがたくさん!近くに桜の木があり、花見をしながらの店番。
天気も良く自分の欲しい物も買えて満足な1日でした♪来月は湊川公園です…!

IMG_9270.jpg

丹波ハピネスマーケット(http://happinessmarket.jp/
毎月第2土曜に開催しているそうです。皆さんもぜひ^^
スポンサーサイト

むくり屋根

加古川支店 O

むくり屋根・・・

屋根の平面の傾斜が、ほんのわずか、うつむき加減の丸みを帯びている。
京言葉の『むっくり』した感じの印象から「むくり屋根」と呼ばれています。
 雨から家を守る屋根は、傾斜を急にすれば内に漏れることはないが、傾斜を
つけすぎれば表通りに激しく落ちる。屋根のむくりをつけることで、雨を一度
受け止め、その後で急いで下にやわらかく落とす。
 きわめて合理的で通りを歩く人への配慮もあわせ持つ屋根です。

 日本古来の家屋の形状を眺めて見ましょう。
パッと見~で良いのです。現代の家屋と異なったデザインであったり、バランス
であったり見つけたとき、探求してみましょう。
 日本古来の【伝統工法】に、先達たちの奥深い工夫が発見できますよ

久しぶりの投稿になります

二人目を出産して、
2月中旬から職場復帰しました本店S野です。

育休中は、子どもとの時間を大切に過ごしました。

そして意外にも、夫や彼の仕事にも出産前より深く知った1年でした。
ご存知の方もいらっしゃるのですが、夫は靴職人です。
HP作成からSNS、靴磨きなど子どもを背負って作業する事もしばしば。
その際気付いたのが、この世の中には靴好きな方が多くいるという事でした。

SNSでは"♯今日の靴"や"#靴磨き"で毎日更新されてる方がたくさんいらっしゃいます。
また夫の工房に訪れたお客様が夫と靴の話で談笑していたり、
初めてのお客様が工房や夫の作業を珍しそうに見られていました。

ブログネタを色々考えたのですが、
うちに素晴らしいネタがゴロゴロ転がっていました。

靴作りはたくさんの工程もあり作業も、、

足の測定・デザイン決め→型紙おこし→縫製→つり込み→底付け→仮合せ靴の試し履き
型紙等修正→本番靴の縫製→つり込み→底付け・コバ仕上げ→靴磨き→完成品お渡し

と、2回作ります(赤字は、お客様にお越しいただきます)

上の工程は私目線なので、ざっくりな説明ですが、
製法や装飾で、糸自体の製作や靴紐作り、
手縫い・ミシン縫いでも時間や作業内容が大きく変わります。

靴作りは、繊細で複雑です。
ここで宣言したいのは決して、お店を宣伝したい、訳ではありません。
家が建つ様に、靴作りもとても面白いので、
靴そのものに興味を持って頂けると嬉しいです。

ちなみにこちら(↓)が、靴底を手縫いしています。
マウンテンブーツなので、靴底に強力な芯材が入っていて、硬くなっています。
手縫いしている糸も彼自身でチャン(松脂)を塗りこんで作りました。

C360_2018-09-06-04-22-07-711.jpg

靴作りの工程は本当に想像以上にたくさんの工程があり、
不器用な私からすると気の遠くなる作業の連続です。

彼の仕事を近で見ていますが、
小さな作業の積み重ねで靴が仕上がっているんだなぁと思います。
靴一足が出来るのは、とてもドラマチックですよ(^^*

陰翳礼讃

加古川支店 Oです。

 建築を学ぶ者にとって誰もが知っているこの書籍。
文豪・谷崎が東洋における日本の美を主に住空間を
とおして書いています。
 想うに東洋の光の美的感覚・美意識は、西洋とは異なり
日本古来の伝統の中に培われています。
 素晴らしい伝統を二の次に据えて、我が国は特殊な事情があるので
欧米建築を第一に取り入れている今日を筆者は嘆いています。

 弊社にも、木造伝統工法を慈しむ(愛しむ)方が
いらっしゃいますが・・・。

 筆者は、「人間は年を取るに従い、何事に依らず今よりは昔の方が
よかったと思い込む込むものであるらしい。」とも・・・。
 
 欧米化した建物でないと評価できにくいこの御時世、
甚だ妙なものなり。

ハナミズキ

こんにちは!
神戸支店のIです。

春が来て桜が咲いたと思ったらあっという間に
もうすぐゴールデンウィークです。

桜も満喫しましたが、
私がよく通る道にハナミズキが街路樹として植えてあり、
少し前、満開になっていて、道が華やかに感じ、
通るたびに何だか嬉しい気分になりました。

画像1

画像2

画像3

ちなみに、
兵庫県内では、ハナミズキは尼崎市の市の木、神戸市長田区の区の木
として選ばれているそうです。

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: