FC2ブログ

呉の大和ミュージアム

豊岡のH本です。
お盆になります。この時期は戦争について考えさせられる放送が多いですし、最近は映画で
「アルキメデスの大戦」が公開されたり、この前はNHKでアニメ版の「この世界の片隅に」
が放送されていたので、少々前に行ったのですが、広島県の呉市にある
「大和ミュージアム」に行ったときのことを書きます。

映画「アルキメデスの大戦」で、この場所で出演者とイベントをしていましたが現物の1/10
サイズの戦艦大和が展示されています。

写真01

サイズは1/10とはいえ、ヘタなクルーザーよりデカいです。
模型とはいえ、相当しっかり、緻密に出来ています。
実際はこの10倍あるにしても、この船に2500人から3000人も乗船して活動していたとは、
その規模にも驚かされます。

写真02

戦艦大和は、この呉の海軍工廠で建造されましたので、ここの目玉として展示されて
います。
写真撮影不可のエリアにはその他、戦前に建造された軍艦などの模型と説明が展示されて
います。


次の展示室には特攻兵器「回天」等の実物資料が展示されており、戦争の悲惨さや平和の
大切さを伝える展示室です。
特攻兵器など愚かな兵器を考案し、特攻に出兵していった方の遺書なども展示されて
います。

写真03

見ている人からスケール感を感じてほしいですが、こんなに小さい潜水艦です。
前1/3が爆薬、後ろ1/3が推進燃料室、中央に寝そべる形で操作します。
写真右端に潜望鏡がありますが、実際に覗いてみると、視界が狭く、明瞭に見えるわけで
なかったことがわかります。

遺書の手紙ですが、特攻に出兵される兵士の年齢は20歳前後です。私の息子の年齢に
近いので、親の立場で感情移入してしまうので辛くて読めなくなります。

他にも2人乗りの特殊潜航艇「海龍」などの展示もあります。

写真04

零式艦上戦闘機なども空母搭載機だったので展示されています。

写真05

この施設に隣接しているのが海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)です。
こちらには現物の潜水艦が展示されていて、見学もできます。
退艦したものを実際に引き上げて展示されています。

写真06

大和ミュージアムは入場料が必要ですが、海上自衛隊呉史料館は無料で見学できます。
潜水艦の他に自衛隊の活動なども紹介されています。
機雷掃海除去の作業などは危険が伴う大変な作業のようですが、ここで見学することで
よくわかります。
自衛隊の皆さんご苦労さまです。
潜水艦の内部は狭く窮屈ですが、このような空間に何日も籠もって作戦しなければいけない
任務も大変です。

写真07

写真08

小学生くらいの子供を連れて行っても楽しいでしょうが、大人でも色々と考えさせられる
ことも多いですし、機会があれば見学されるのもいいかと思います。
スポンサーサイト

風しんの抗体もってますか?!

加古川支店のK〇です。

先日このような郵便物が届きました。

1_201908061319277d8.jpg

2_20190806131928c6a.jpg

2022年3月31日までの間に限り、
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(対象世代の男性)が風しんに係る定期の予防接種の対象者として追加されたようです。
なぜそのようなことになったかと言うと
↓下記参照
分かりやすいHP
https://lifehack-analyzer.com/rubella-antibody-test/
厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index.html
ということで抗体検査をしてもらい、後日検査結果を聞きに行くと

3_20190806131930ebd.jpg

数値が8未満とのこと、、、

これは抗体が少ないという結果のようです。
やはり私たちの世代は予防接種を受けていない確率が高いのですかね。
そこでクーポンを使い無料で予防接種を受けてきました。
みなさんも通知が届いたら受けてみては?!

キャンプ

加古川支店のSです。

毎日暑い日がつづきますね。
我が家は、恒例のキャンプに行ってきました!
千種川沿いの施設で、水も冷たくきれいで小魚がたくさんいましたよ!

タイトルなし

夏にしか出来ないことをたのしんでます!

写真

夏本番!気温が上がっています熱中症対策しながら乗り切りましょう。

手廻し自家焙煎 深入り珈琲【地球コーヒー店】       ~Earth-coffee~

姫路本店のTです。
最近の、私のお気に入り珈琲店【地球コーヒー店】をご紹介します。
■場所
姫路市内駅前の2号線西行き一方通行と小溝筋(おみぞすじ)の交差点南東角のビル
3階にあります。
トップスペシャルティの生豆で、備長炭を使った深入り手廻し自家焙煎珈琲店。

■最新情報
リアルタイムにて、インスタグラムで #地球コーヒー #小溝筋 で検索しますと、
出てきます(^^)/
※フェイスブックやインターネット検索でも出ると思います。

1.外観

2.店内

■きっかけ
4月の夜に開いている珈琲店を探していたところ、目の前にイラストが個性的な看板(旗)
が目に付く珈琲店を見つけました。ビルの3階の様でしたので一瞬戸惑いましたが、
好奇心旺盛なため入店したのが始まりです。
当方、真夏でも汗をかきながらホットコーヒーを飲むぐらい、珈琲が大好きなのです。
一日、4、5杯は飲んでいると思います。
10年程前?までは「カフェドソロ」という自家焙煎のお店で深入りのドミニカを購入
していましたが、閉店されて以来美味しい深入りコーヒーからは遠ざかっていました。
深入りなのに甘味も感じるとても美味しいコーヒー。久々にこの味に会えた!という
感じで嬉しかったのです。それ以来はまってしまい、週末は必ず飲みに行ってます。
一杯一杯、丁寧に時間をかけて入れて下さいます。先日は、アイスコーヒーの作り方
を拝見し、初めて見ましたので感動しました。
↓深入り焙煎豆・ドリップの様子・アイスコーヒーの製作過程等の写真をご覧ください。

3.焙煎豆

4.ドリップ

5.アイスコーヒー

6.デザート

■オーストラリア■
1年間の滞在経験があるマスター。
・木管楽器
ディジュリドゥーというアボリジュの世界最古の木管楽器を演奏してくださる事が
ありました。聞いたことがない音でしたので感動しました。機会があれば、演奏して
くださるかもしれませんね。

・オーストラリアンコーヒー
新商品の試作「オーストラリアンコーヒー」もいただきました。
オーストラリアのアイスコーヒーといえば、このスタイルだそうです。
※ミルク+コーヒー+アイス+ホイップ+パウダー(シナモンまたはココア)
アイスは普段飲まない私。コーヒー自体がとっても美味しいので、さらに感動が
増しました!
↓ディジュリドゥーと「オーストラリアンコーヒー」です。

7.ディジュリドゥーと「オーストラリアンコーヒー」

■自家焙煎ワークショップ
こちらのお店では自家焙煎のワークショップもされています。
お盆期間(8/14お休み予定)は営業されている様ですので、自家焙煎に興味が
出てきた為、講習を受けてみて自宅で焙煎してみたいなぁと思っています。
ハマってしまうかも...。
豆の選別(ピッキング)から、2回目の豆が弾け、風を当てて豆が冷めるまで、
2時間ぐらいかかるとの事でした。
ちなみに、生豆(なままめ と読みます)の保管方法ですが、お米のように取扱えば
3年ぐらいは劣化せず、焙煎をした豆は2週間以内に飲み切ったほうが良いみたいです。

■メニュー
↓メニューはこんな感じです。種類は少ないですが、アイラウイスキーや焼酎も
ありますよ。

8.メニュー

※営業時間:木曜から日曜(祝)まで(13:30頃~22:00、日祝は20:00まで)

マスターは飾らなく気さくな方(40代)なので、気軽に御一人でも行けますヨ!
お店を紹介したいと相談したところ、快諾してくださったので写真を撮ったり、
少しばかりインタビューをさせていただきました。なんだか、雑誌記者になったみたい
で楽しかったです。

■地球コーヒー店を深く知るためのインタビュー内容です■
①店舗情報
地球コーヒー店【Earth-coffee】
〒670-0926
兵庫県姫路市東駅前町61  八木ビル3階
連絡先:090-8105-5756

②店名由来
世界(米・カナダ・インド・ネパール・タイ・オーストラリア)を旅した事もあり、
地球を感じるコーヒーを味わってもらいたい。

③開店
2019年1月

④特徴
トップスペシャルティの生豆で備長炭を使った深入り手廻し自家焙煎
※自家焙煎のお店は最低でもスペシャルティ以上を使用との事。

⑤焙煎歴
15年(深入りは10年前から)

⑥焙煎を始めたきっかけ
焙煎をしてみたくて始めたら、美味しく出来上がったのではまってしまった。

⑦行きたい国
エチオピアのコーヒー原木の原生林。
(現在の様々な品種の元になっていて、豆も小さい)

■最後に・・・・・
以前は、奄美の方で珈琲のケータリングのお仕事をされていたマスター。
今回、初めての実店舗だそうです。賑わってほしいですね。
珈琲好きな人達との「出会い・繋がり」が広がりそうなお店。
引き続き通い続けたいと思います。

9.地図

荒神祭り

姫路本店 S野です。

蝉の大合唱の今日この頃ですが、
イベントも花火大会やそうめん流しなど夏らしいイベントが多くなってきました。

自身が住んでいる町では、荒神祭りがあり先日子ども達と参加してきました。
お祭りでは、太鼓を積んだリアカーを子ども達で牽き、
その太鼓や横笛も子どもたちが演奏しながら歩いて町内を練り歩きます。
ドンドン、ピーヒャラ、ドンドン、、と。

小さな子どもたちは、その後ろを掛け声をしつつ歩きます。

途中休憩もしつつ、町内を2周歩いた後、提灯を手に目的地の日吉神社へ。。
その頃には日も暮れ、何とも良い雰囲気に。

DSC_5547.jpg

DSC_5552.jpg

神社は何となく、鬼太郎がいる様な空間。

お参りを行い、子ども達の楽しみである花火をしました。
とっても楽しみにしていた花火、火が消えると「次は!!次は!!」と急かされます。

DSC_5608.jpg

下の子は初めての手持ち花火なので、
火に触ろうとし、私にとっては、冷や冷やする場面も。

DSC_5592.jpg

花火の後は力尽きて眠った子を抱っこし、
棒のようになった足に鞭を入れつつの帰路でした。

とても楽しい時間でした。

プロフィール

兵庫確認検査機構社員

Author:兵庫確認検査機構社員
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター

メールフォーム

現在農業部では 日本ミツバチに興味を持ち自然豊かな環境づくりに貢献したいという「蜂友」を募集中です!

名前:
メール:
件名:
本文: